インドシナニュース

ミャンマー:アパレル輸出、今年度11カ月で43億米ドルに達す

ミャンマー商務省の関係者によると、アパレル製品の輸出量は、今年度11カ月で43億米ドルに達し、前年同期と比較して11億米ドル増加した。

2018-2019年度の101日から830日までに、アパレル製品の輸出量は437600万米ドルに達しました。昨年の同時期に、アパレル製品の輸出量は323000万米ドルでした」と同省の関係者は語った。

前年同期と比較して、現在のアパレル製品輸出量は、117200万米ドル増加した。

「アパレル製品輸出量は2018年に46億米ドル近くに達しました。2024年にはアパレル製品輸出量は100億米ドルに達すると予想されています」とMGEAKhaing Khaing Nwe書記は2019511日にUMFCCIのオフィスで開催された 第5回年次総会で述べた。。

外国投資は主にアパレル製品部門に流れている。 MGEAには500社を超える会員企業があり、50万人を超える従業員が働いている。ミャンマーは、収入の10%を工賃として受け取っている。

「ミャンマーの収入は縫製工賃です。 8-12%と幅があります。高品質の製品は12%もらえます。縫製料が多くない場合でも、約8%です。したがって、平均は約10%です」とDaw Khaing Khaing Nwe氏は述べている。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年09月17日

このページのトップへ戻る