インドシナニュース

タイ:違法賃金発覚後、労働者を補償するようアパレル工場に命令

コーヒー大手のスターバックスやスポーツ用品メーカーのバウアー・ホッケーなどのグローバルブランドに供給するタイのアパレル工場は、912日に警察に家宅捜索され、違法な過少支払いを暴露されたのち数百人の労働者に対し補償を命じられた。

先週発表されたトムソン・ロイター財団の調査によると、近隣ミャンマーから少なくとも26人の移民労働者が、メソト西部地域で1日の最低賃金310タイバーツ(10.15米ドル)未満しか支払われていなかったことが判明した。

タイの反人身売買特別部隊、政府当局、警察が実施した強制捜査は、2つの工場をターゲットにした。両工場の所有者は、労働者への未払い賃金を払うことを命じられたと、Jaruvat Vaisaya警察中将は述べた。

「両工場の所有者は、最低賃金より少ない額しか労働者に支払わなかったことを告白しました」と、捜査後に、Vaisaya氏はメイ・ソットからトムソン・ロイター財団に電話で語った。

バウアー・ホッケーのアパレルを生産し、約600人の労働者を雇用している工場を運営するCortina Eigerは、労働者に最低賃金、休日給与、病気休暇を与えていなかったとも彼は述べた。

Cortina Eiger工場のオーナーは、30日以内に600人の労働者に推定4500万バーツを支払うか、起訴されるように命じられた。労働法の下では、最低賃金を支払わない場合、最高6ヶ月の懲役刑と10万バーツの罰金が科せられる。

当局は、スターバックスのエプロンを生産するKalayanee Ruengritが運営する工場で見つかった11人の労働者に支払われる額を計算中であると、警察は述べた。

「両工場は労働者を解雇しないと約束しました」とVaisaya氏は述べ、労働者を解雇した企業は「理由もなき」多額の罰金を科せられるだろうと付け加えた。

両工場はすぐにコメントすることはできなかった。

先週、バウアー・ホッケーとスターバックスは、調査中ではあるが調査に関するコメントはできないと述べた。

この地域に130人のメンバーを持つ、メイ・ソットのタイ工業連盟のSiwanat Petchsringoenマネージャーは、Cortina Eigerが労働者に最低賃金を支払うことを誓ったと述べた。

移民労働者と人身売買の犠牲者に無料の法的援助を提供する人権開発財団は、この捜索がメイ・ソットの労働搾取問題に対する長期的な解決策になるかどうか疑問を呈した。

「工場はより多くの基準を持つ可能性はある一方で、『労働者を搾取する』他の方法を探す要因になるかもしれない」と、慈善団体のSomchai Homlaor会長は言った。

バンコク当局と警官が主導した捜索は、市民社会団体とメイ・ソット州代表との関係を傷つけるかもしれない、とHomlaor氏は付け加えた。

労働保護福祉局のSomboon Trisilanun副事務局長は、政府はメイ・ソットの更に4つの工場を検査する特別部隊を派遣する予定だが、その時期は知らせていないと語った。



タイ ジャンル:
最終更新:2019年09月16日

このページのトップへ戻る