インドシナニュース

タイ:スターバックスの制服を供給する縫製工場、違法賃金が露呈(後)

(前編より)

 

秘密裏に

ミャンマーに隣接し、経済特区(SEZ)の一部でもあるタイのタク県のメーソット地区には430の登録工場があり、その40%が繊維・アパレル製品を生産し、約44500人の労働者を雇用している。

タク県労働保護福祉局は、今年260の工場を検査するるもりであると述べ、これまでに約50人の工場オーナーが労働法を順守するか、最高2万タイバーツの罰金および/または1年以下の懲役を科すよう命じられている。

最新のデータによると、2016年以来、解雇労働者の補償のための最低賃金不払いの問題に関して企業に対して26の訴訟を起こした。これらの企業のほとんどは罰金を支払うことになった、と同事務所は述べた。

しかし、MAP財団は、労働者たちはメーソットの工場から解雇されること、または工場の閉鎖や失業を恐れて重い口を開かないため、その中での調査とインタビューに基づき、最低6割ほどの賃金しか支払われていないだろうと推定した。

「無法地帯のようなものです」とMAP財団のケースマネージャーのSutthisak Rungrueangphasuk氏は述べた。

メーソットのタイ産業連盟(FTI)は、この地域の130のメンバー(主に中規模および大規模工場)のすべてが労働者に最低賃金を支払ったと述べた。

2013年の全国最低賃金の導入により、タク県の賃金は162タイバーツからほぼ倍増した。

しかし、賃金の引き上げにより、多くの工場は労働法に違反して以前は無料で提供していた住宅、食料、労働許可の費用を労働者の給与から差し引いた、とメーソットのFTIマネージャーSiwanat Petchsringoen氏は述べた。

労働法を無視した工場のほとんどは、雇用主が労働者に全額給与を前払いすることを要求されているが、それらのほとんどは中小企業であり、しばしば秘密裏に事を進める。

「すべての工場を管理することはできませんが、この問題について連絡を取り合っています」と加えた。

タク県労働保護福祉事務所のKunchit Manowarangkoon所長は、短期間で労働者がほとんどいない小規模工場を検査するのは難しいと語った。しかし彼は、メーソットの工場の10%未満しか最低賃金を支払っていないというMAP財団の主張を否定した。

しかし、そのうち1つの工場の3人の労働者は、控除前にすでに最低賃金以下であったと述べた。

発泡マットを製造する中国所有の工場では、3人の労働者が2つの給与明細に署名することを強制されたと述べた。1つは月に約4000タイバーツの実際の給与を示し、もう1つは最低賃金を稼いだことになっていたと述べた。

縫製労働者のTheingiさんは、スターバックスの子供服とエプロンを作る115時間労働で稼いだは約80タイバーツだったと述べた。

あるミャンマー人の移民は、仕事を失うことを恐れて本名を明かさなかったが、彼女と同僚のほとんどは45日ごとに1日しか休みがないと述べた。タイの労働法では、労働者が1週間に1日の休暇の取得を義務付けている。

「タイはミャンマーよりマシなのだと思っていましたが、到着してすぐ、現実はその期待とは違っていたことを知りました。不満と落胆を感じましたが、我慢しなければなりません。さもないと家に帰ることができません」と彼女は工場近くの寮で、労働者が小さな部屋に詰め込まれていると加えた。

Phyo Oo Naingさんのようなメーソットのミャンマー人労働者の多くは、移民労働者が高い賃金を求め、状況を変えるための労働組合の結成を許可されていないため、身動きが取れず無力だと感じているという。

彼は生き残るためにミャンマーの家族から2回お金を借りなければならず、残業手当も受け取れず、先月は彼のフォームマット工場で15日間の仕事しか与えられませんでした。

「私は搾取されたと感じています。ミャンマーに戻りたいのですが、今は家に帰るのに十分なお金がありません」とある労働者は語った。彼は報復を恐れて本名を明かさなかった。

 

タイ ジャンル:
最終更新:2019年09月10日

このページのトップへ戻る