インドシナニュース

タイ:スターバックスの制服を供給する縫製工場、違法賃金が露呈(前)

タイの『ブラックホール』と呼ばれる地域で労働者が不法な低賃金で酷使されていたことが判明した後、大手コーヒー企業のスターバックスやスポーツ用品メーカーのバウアーホッケーなどのグローバルブランドに供給するタイのアパレル工場は現在査察を受けている。

トムソン・ロイター財団は、タイのメーソット西部地域の4つの工場で雇用されている26人の労働者(すべて近隣のミャンマーからの移民)にインタビューした。

首都バンコクから500 kmに位置するメーソットは、タイ西部への主要な入り口であり、数百の工場と数万人の移民労働者が家族に仕送りするためのお金を稼ぐ貿易拠点である。

26人の労働者のほとんどはトムソン・ロイター財団に、職場での給与明細書をまだ受け取っていないと述べた。MAP財団(ミャンマーの移民労働者を支援する非営利団体)は、違法な支払い不足を示す多数の給与明細を集めたと述べた。

スターバックスのエプロンを生産したと言う労働者はタイのカフェでバリスタが着用している制服の写真を提供し、また他には米国に拠点を置くバウアーホッケーの服を作る工場で働いていた労働者もいた。

このスキャンダルは、タイの縫製工場を取り調べし、全国の労働者を保護する能力について疑問を提起した。そして、タイ政府高官は、メーソットで働いている人々の多くが不法に低賃金であることに気づいたと述べた。

スターバックスは現在調査中と述べ、バウアーホッケーはサプライヤーに問題を調査するように依頼したと述べた。

両社は、労働者への補償などの問題に関して、現地の法律を遵守するようサプライヤーに要求すると述べた。

「責任を問われているサプライヤーはこれらの申し立てを否定しました。我々はこれらの主張を真剣に受け止め、更なる調査を行っています」とスターバックスの広報担当者は述べた。

スターバックスのサプライヤーからはコメントを得られなかった。

バウアーホッケーのスポークスマンは、問題の工場に調査を依頼し、「直ちに補償慣行を遵守するために必要なすべての事を今すぐ行います」と述べた。

バウアーホッケーに供給しているメーソットの工場の代表者は、無料社宅など労働者に多くの利点を提供し、労働許可の費用の半分を負担したと述べた。

政府は、特別委員会を派遣してメーソットの工場の立入検査を計画している、と労働法の実施および検査を実施する労働保護福祉省副局長のSomboon Trisilanun氏は述べた。

「検査が非常に難しいアパレル工場が数多く存在するため、メーソットは『ブラックホール』であることを認めなければなりません」と同氏は述べた。



タイ ジャンル:
最終更新:2019年09月10日

このページのトップへ戻る