インドシナニュース

ベトナム:破綻企業Kai Yang社オーナー、資産を持ち出し逃走、解決策はいまだ見つからず

無一文となった企業オーナーは逃走前に静かに資産を分散させ、当局を難しい状況に陥れ、海外直接投資(FDI)誘致における貴重な苦い教訓となった。それゆえ、台湾の履物メーカーKai Yang Vietnam Co., Ltd.2000人以上の労働者にとって深刻な結末となった。

H&S Co., Ltd.は、以前、8月上旬に起こったKai Yang Vietnam経営層の失踪後、履物メーカーを買収する意向があった。

H&S Co., Ltd.は、Kai Yangの従業員の7月の給与の半分を補償するということで知られている。しかし、Kai Yangで長引く問題を調査した後、同社は撤退を決めた。

Kai Yang Vietnam12年間勤務し、現在妊娠8か月目であるTran Minh Thiさんは自分の人生を懸念しているが、ハイフォン当局は、Kai Yang従業員の社会保険、健康保険、未払いの給与などを含む待遇を保障するよう地域の関連機関に要請した。

ただし、100%台湾資本のこの企業は、銀行に1500億ベトナムドン(652万米ドル)の負債、従業員の給与1.5か月の不払いがあったことが判明した。更に、通常の事業運営を維持するのに十分な資金がないことも発覚した。

8月、労働者を落ち着かせ、Kien An地区党委員会の本部でデモなどを行わせないよう、ハイフォンとKai Yangの従業員の間で数多くの対話が行われた。

ハイフォン人民委員会のNguyen Van Tung会長によると、会社と従業員のさらなる損失を避けるため、Kai Yangは現在、事業を一時停止し、商品の配送や請求書の支払いをなどの特定のタスクのみを実行するよう求められている。

国内外の投資家の問題は一気に消えてしまい、労働者、ビジネスパートナー、当局に大きな困難をもたらしている。アナリストは、多くの銀行、保険会社、および他の企業は逃亡する投資家の不登用を嫌がる債権者となり、一方、何千人もの労働者が職を失ったため、ほとんどの放棄されたプロジェクトは小規模であるが、問題は長期的な社会的影響に繋がると述べた。

労働者が最も苦しむのは、失業しただけでなく、給与や社会保険料が未払いになっただけでなく、さらに深刻なことに、社会保険基金に不払いをしていた元雇用主から社会保険証を取り戻せなかった事である。

法的根拠が不足しているため、機能機関も放棄された企業の投資証明書の撤回に問題があったという。その結果、これらの企業を清算し、資産と負債を処理し、従業員関連の問題を解決し、他のプロジェクトのために土地を回収することは不可能であった、とアナリストは述べた。

金融専門家のPhD Ngo Tri Long准教授は、以前、会社を放棄した外国人投資企業の所有者は主に韓国出身であり、特に繊維および革靴分野であったとコメントした。最近、台湾や香港からの割合が増えており、採掘、織物、化学薬品分野で事業を行っているが、付加価値がほとんどなく、環境汚染を引き起こしやすく、時代遅れの技術で業務を行っている。

「中国およびその他の国からの海外直接投資(FDI)を慎重に選択する必要があります。また、逃亡した事業主による問題を防止および処理するための規制強化も重要です。事業主の失踪の疑いが生じた場合、当局は彼らの出国を防ぐ必要があります。長期間の税金や保険金の滞納などの兆候は担当者に警鐘を鳴らすはずです」とLong氏は述べた。

最近多くのベトナム企業、特に外資系企業が株式の代わりに融資資本取引を使用しているという事実(製造業の資本構造の悪さを示唆している)は、ビジネスに不健全な取引条件を引き起こし移転価格活動を『助長』している。

税務専門家の観点から考えると、財務アカデミー税関税局長のLe Xuan Truong准教授は、ベトナムは複数の問題の解決策を得ることができると述べた。例えば、ローン資本と株式資本に基づいた自己資本比率を作ることである。それはローン資本と株式資本の比率に関連する企業所得税を計算するために控除できない利息費用に関する規制である。

Truong氏によれば、多くの国では、主に借入資本で運営している企業や、資本に対する融資の比率が高すぎる企業に対処するために、『低資本構造』に関する規制があるという。これらの国では、ローン持分比率の一定の割合を超えるローン部分に支払われる利息は、法人所得税の計算時に控除可能な費用として扱われない。Le Xuan Truong氏は、これはベトナムが適切なビジネスセクターに適用できる良い経験であると提案した。

820日、政治局は、2030年までの外国投資協力の質と効率を高めるための制度と政策の方向性に関する決議No.50/NQ-TW を交付した。

決議の下、ベトナムは効率、技術、環境保護に焦点を当て、より選択的な方法で外国直接投資を誘致する。したがって、ベトナムは先進的で新しい技術、最新のガバナンス、高付加価値、およびグローバルな生産およびサプライチェーンとの幅広いリンクを持つプロジェクトを優先していく。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年09月06日

このページのトップへ戻る