インドシナニュース

カンボジア:『クロマープリンセス』、王国の象徴的なスカーフの保存を熱望

彼女の顔は掲示板、SNS、テレビ、映画などどこでも見かけることがあり、Helping Kantha Bopha Hospitalsの支援キャンペーンやUSAIDが資金提供するカンボジア人身売買対策(CTIP)プロジェクトも支持している。
『クロマープリンセス』として知られるMean Sonytaさんは、有名なセレブであり、ビッグブランドの広告塔であり、USAID CTIPの親善大使でもある。過密スケジュールであっても、彼女のカンボジアの国民的スカーフであるクロマーへの愛情は、彼女が社会的事業を通してこの象徴的な衣類を保存するためにさらに多くの時間を費やすということを意味している。
「最初は、クメール文化とアイデンティティに関連した自分のプロジェクトを始めたかったかっただけなんです。それはすべてクメール新年である3月下旬に始まりました。私は、ヘアバンド、衣服、その他の基本的に仕立て屋でないと作れないものにクロマーを使用することを考えました。私は、友人やファンからクロマーの服の販売を強く勧められるまで、クロマーの布地をファッションウェアに変えることなど考えたことはありませんでした」とMean Sonytaさんは述べた。
28歳のセレブは、クロマー生地でいっぱいのワークショップにて、その努力を始めた動機はカンボジアで作られた商品が不足しているからである、とThe Postに語った。
「アンコール遺跡やカンボジアの他の観光地に何度か行きましたが、そこで見たものを見て恥ずかしくなりました。そこにはタイ、ベトナム、中国から輸入されたお土産や展示品が展示されていました。輸入品にアンコールワットのロゴと共に『カンボジア製』と書かれていたのです。私は売り手にそれらは本当にカンボジア製か尋ねたところ、彼らはそれらは輸入品だと認めました」とSonytaさんは回想した。
「私たちが自分で始めなければ、誰も私たちを助けてはくれないということを皆に伝えたいのです。ほとんどの人は、地元の商品に見える製品を輸入しています。カンボジア人が海外に移住して仕事をしている事が根本的な原因です。多くの人々が引き続き輸入製品を販売するなら、カンボジアの製造業の雇用は減少していきます」と彼女は述べた。
現代のカンボジア社会で減少し続けているクロマーを見て、Sonytaさんと彼女の母親は、今でも国の象徴的な衣服を編み続けているカンボジアのコミュニティを探し始めた。
「母と私はクロマー織りの村を求めて多くの州を訪ねました。人々が教えてくれた今もクロマー織りが作られている場所の手がかりを得れば、どこへでも向かいました。しかし残念ながら、私たちが到着したとき村の人々は既にクロマー織りをやめていました」とSonytaさんは言った。
数か月の探索の後、彼らはBanteay Meanchey州Phnom Srok地区のPaoy Snuol村に到着した。そこで二人は機織りの音で迎えられた。
「Paoy Snuol村は、Banteay Meanchey州でクロマーを作っている女性が今も残る唯一の村です。彼女たちは今も強く在り、クロマー織りの伝統を続けていることを私は非常に誇りに思っています。クロマー製品は市場であまり人気はありませんが、彼らは織機りを諦めずに遠く離れたその場所で仕事をしていたのです」と彼女は語った。
彼女たちが生計維持のために奮闘している姿を見て、女優であるSonytaさんは村を選び、20人の織工グループをSlanhコミュニティと名付けた。彼女は彼女のオンラインストアSlanh Houseで商品を生産・販売している。
Sonytaさんはオンラインで製品を販売した後、2017年2月の彼女の誕生日に、プノンペンのBoeng Keng Kang IにあるSlanh House(『愛の家』の意)と名付けた店に投資した。
「最初にオンライン販売を始めたのは、BKK1にショップを開く前です。最も重要なことは、クロマー市場を復活させたいと思っていることです。最近ではクロマーを使用する人がどんどん減ってきているので、私は日常的にクロマーをファッションに取り入れることにしました。人々が手織りのクロマーという遺産を評価し続けることを強く望んでいます」と彼女は語った。
彼女の店では、カンボジアの生地を用いた財布、スカーフ、ヘッドスカーフ、靴下、さらにはハンモックまで、あらゆるものに加工されている。
この店では、クロマー風の普段着やイブニングドレスも販売している。価格はデザインと生地による。Sonytaさんは、なぜ一部の人々は彼女の製品の価格が高いと思うかには十分な理由があると述べた。
「衣料品の背景を知らずに価格が高いと言う顧客もいます。手作りのクロマーを売るのは難しいのです。彼女たちの家族を支援するために販売される手作りのクロマーを作るには2日かかります。地元の市場に売られている製品に比べてなぜそんなに高価なのかと聞かれますが、手作りであるか安価な製品であるかに関係なく、それは品質に依存するのです、と言います”」彼女は述べた。
過去3年間、Slanhコミュニティと協力して、Sonytaさんは、彼女の家がクロマー生地の在庫の山で埋もれていても、織工たちには織りをやめるように言ったことはないと言う。
「私はクロマーの小さな市場を作り、3年以上続けました。私がクロマーを買わず、その収入を織工のコミュニティに返さなければ、伝統は消えてしまいます。織工は生き残れません。彼らの調理鍋は食べ物でいっぱいにしなければなりませんし、子供たちが学校に行くのにはお金が必要です。私たちは、人が何をするか強制することはできませんが、私は人々が国の文化や財産を大切にすることを望んでいます」と語った。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年08月30日

このページのトップへ戻る