インドシナニュース

ベトナム:繊維産業は魅力を取り戻す

自由貿易協定がさらに最近調印されたことにより、ベトナムは特に繊維副資材の分野で、外国企業を強く引き付けている。

 

これらのプロジェクトが動き出せば、繊維副資材の供給不足を部分的に解決し、新世代の自由貿易協定のルールを満たすのに役立つ。

繊維・アパレル分野の外国人投資家が加工のためだけにベトナムに来ていた過去とは異なり、現在、国内企業の株式の取得と購入による直接投資と間接投資から投資を多様化することに加えて、ほとんどのプロジェクトは糸、アパレル、副資材への投資に焦点を当てている。インフラが改善され、便利になったため、数千万ドルから数億ドル規模の投資プロジェクトがいくつかの省で実施されている。

最近、ビンズン省は韓国企業Kyung Bang Vietnamに、年間綿糸生産能力を9000トン、混紡糸生産能力を11000トンに増やすことを目標に、投資をさらに4000万米ドル拡大する許可を与えた。このプロジェクトの目的は、織物、編物、かぎ針編みの織物、完全な織物製品を生産することである。この追加資本により、Kyung Bang Vietnamのプロジェクトは現在、21900万ドル以上の総投資額に膨れ上がった。

同時に、台湾のFar Eastern(遠東)グループは、ビンズン省のBau Bang工業団地の織物と化学糸のプロジェクトに数億ドルを費やし、投資を拡大するためにここでさらに土地を借りた。

北部では、シンガポールの会社Herberton Limited Companyが、総投資額約8000万ドルでNam Dinh Ramatex繊維・アパレル工場プロジェクトの建設を開始した。工場は、稼働すれば、年間25000トンの生地各種と1500万点のアパレル製品を生産でき、約3000人の労働者の雇用を創出する。

今年6月末にEUとベトナムの自由貿易協定が締結されたが、繊維分野の投資家の数は大幅に増加している。

「以前は、繊維分野への外国投資の誘致は貧弱でしたが、過去3年間で、アメリカとヨーロッパの大企業がベトナムに押し寄せました。注目すべきことに、最近、ドイツのグループが、ダラットの羊毛紡績工場プロジェクトに投資しました。イスラエルと米国のグループは、ビンディン省で織物に、ナムディン省で染色に投資しました。これが繊維副資材に海外直接投資(FDI)の波が来ていることの証拠です」とベトナムの繊維協会のVu Duc Giang会長は述べている。

外国投資の誘致は順調に進んでいるが、外国投資家が長期間ここに留まるかどうかは投資環境と政策に依存している。以前は、専門家によると、ベトナムの繊維産業は低人件費に依存し、水平的展開していた。しかし、これは世界規模で非常に厳しい競争を繰り広げている業界である。投資家がベトナムに投資しても、コスト増加に直面した場合、安定したサプライチェーンなければ、投資家は他の国に移動する可能性がある。したがって、ベトナムは投資家が他国に施設を移転することを防ぐために、安定した長期にわたるサプライチェーンを構築する必要がある。これはまた、ベトナムの繊維製品に付加価値をもたらすのに役立つ。

最近開催された「欧州市場からの挑戦と機会の中でのベトナムの繊維産業」に関する会議で、Giang会長は、繊維産業で製品価格に関して非常に激しい競争があると述べた。ベトナムは現在、中国とインドに次いで3位にランクされているが、一部の国から猛追撃にあっている。だから、ベトナムに良い戦略がなければ、ヨーロッパ市場にアプローチするのは難しい。自由貿易協定によって生み出された機会を活用するために、政府は、繊維副資材の供給不足を補うように工業団地の開発戦略を立てるべきである。特に、新しい自由貿易協定に関しては、ベトナムのアパレル製品は生地の原産地規則を満たさなければならない。

WTO統合センターのNguyen Thi Thu Trang所長も、同じ見方をしていて、原産地規則が守られなければ、ベトナム製品は輸入関税優遇措置を受けられないだろうと述べた。実際、多くの努力にもかかわらず、国内生産用の材料および付属品の約90%は、協定加盟国以外の国から輸入されており、協定に基づく累積的な優遇措置を受けられない。 新世代の自由貿易協定の原産地規則における高い基準要件は、ベトナムの繊維副資材分野への国内外の投資の誘致を動機付けとなる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年08月29日

このページのトップへ戻る