インドシナニュース

ミャンマー:CMPの輸出収益は今年度17%以上増加

商務省の統計によると、今年の89日までに、CMPの輸出量が17%以上増加したため、総輸出収益は77000万米ドル以上増加した。

10.5か月の間に、輸出収益は77237.5万米ドル増加し、1442400万米ドル以上に達した。

昨年同期の総輸出収益は1316150万米ドルだった。

この間、CMPの輸出収益は148800万米ドル(17.78%)増加し、837600万米ドル以上に達した。昨年、CMPの輸出収益は688800万米ドルだった。

ミャンマーでは、アパレル産業は主にCMPシステムで運営されている。

ミャンマーは主に農産物、動物、海洋、森林、鉱業、CMPによる製品などの製品を輸出している。

20182019年度の貿易総額は313億米ドルに達すると予想されている。輸出額は153億米ドル、輸入額は158億米ドル。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月28日

このページのトップへ戻る