インドシナニュース

ミャンマー:アパレル委託加工(CMP)生産からの輸出収益は10億米ドル増加

商務省の関係者によると、2018-2019年度の101日から財務年度で、アパレル委託加工業は38億米ドル以上を獲得し、前年同期と比較して10億米ドル以上増加した。

昨年、この部門の輸出収益は277500万米ドルを超えた。 アパレル委託加工業の輸出収益は、103700万米ドル以上増加した。

アパレル委託加工業(CMP)は、輸出部門全体のリストのトップに立っている。2018年、アパレル製品輸出部門は46億米ドル近くを稼いだ。ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)での第5回年次総会で、ミャンマー衣料起業家協会(MGEA)の事務局長であるKhaing Khaing Nwe氏は、この部門は2024年までに100億米ドルを稼ぐと予想されている。

「私たちのアパレル製品部門では、労働者の数が5倍増加し、収入が10倍増加しています。その場合、生産性を2倍にする必要があります。私たちは絶えず努力しています」と、Khaing Khaing Nwe氏は付け加えた。

アパレル部門では、外国からの投資が大量に流入している。現在、MGEAには500社以上のメンバーがいる。50万人以上の労働者がアパレル部門で雇用されている。

「アパレル委託加工業部門はわずか10%しか獲得していません。一部の企業はわずか8個しか入手できませんが、他の企業は最大12%入手できます。高品質の製品は最大12%を獲得します。平均収入は10%です」と彼女は続けた。

現在、アパレル委託加工業の収益は約3億米ドルである。MGEAによれば、ミャンマーがCMPシステムからFOBシステムに移行できれば、30億米ドルを獲得できる。

ミャンマーは、1990年からアパレル産業でCMPシステムを開始した。現在、70以上の産業がCMPシステムの下で稼働している。

 

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年08月21日

このページのトップへ戻る