インドシナニュース

カンボジア:投資の機が熟した履物業界

国際労働機関(ILO)が発表した、カンボジアの繊維・アパレル・履物(GTF)産業に関する調査報告によると、同国の履物産業は、過去五年間に大幅な成長を遂げた繊維産業よりも投資・生産機会が拡大する見通しだ。

報告によれば、カンボジアの履物産業は近年、繊維産業よりも急速に成長しており、2016年の履物輸出国上位10カ国に初めてカンボジアが加わったという。2013年から昨年の間に、カンボジアの繊維・アパレル・履物(GTF)産業輸出総額に占める履物産業のシェアは4.4%増加した一方で、アパレル産業のシェアは10%近く減少したという。

「このことは、履物産業がカンボジアに投資と生産の新たな機会を提供し、さらなる研究を呼び込むかどうかという問題を提起する」と報告は発表している。

2015年から2017年にかけて、履物の世界輸出額は減少したが、同期間のカンボジアでの生産は年平均27%と着実に増加した。カンボジアは引き続き履物輸出国の上位10カ国を維持しており、昨年の輸出額は10億米ドルを超え、2017年から19%増加している。同国の履物の主な輸出市場はEU46%)、米国(17%)、日本(12%)、カナダ(5%)となっている。英国、ドイツ、フランスが、EU域内でのカンボジア製履物の主な輸入国である。

現在の免税措置により、EUと米国はカンボジアにとって非常に重要な輸出先であり続けるだろうし、インタビューによると、カンボジアの労働者と経営者は履物産業の将来における利益と注文に自信があるようだとILOは述べている。

カンボジアの履物生産における主要な競合国はベトナムとインドネシアである。3カ国の最低賃金は同程度だ。カンボジアの最低月給は182米ドルだが、ベトナムでは171米ドルから180米ドル、インドネシアでは193米ドルから272米ドルと幅がある。

商業省のデータによると、昨年は繊維・アパレル・履物(GTF)部門の労働者の約14.5%112,589人)が履物産業に携わっており、そのうちの87%が女性で、アパレル産業よりも2%高かった。

カンボジア国立銀行の2018年の報告書によると、同国の繊維・履物の輸出総額は100億米ドルで、2017年の80億米ドルから24%増加したという。労働者団体連合のPav Sina会長も、カンボジアの履物産業は衣料産業よりも需要が高いため投資の機会が多いと指摘した。同氏は、EUにおける「武器以外すべて」(EBA)を維持できれば、これらの産業はさらに強化されるだろうと述べた。

「履物製品は主にヨーロッパ、アメリカ、日本市場に輸出されていますが、カンボジアでの生産はまだ限られています。EBAを取り巻く不確実性は、履物産業における投資家のカンボジアへの投資を妨げる可能性があります」と彼は言った。

 

カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年08月19日

このページのトップへ戻る