インドシナニュース

ベトナム:2020年の地域別最低賃金は5.5%上昇か

政府が全国賃金協議会の提案を承認すると、2020年に地域の最低賃金は5.5%上昇し、ここ2年の改定よりも上昇率は低くなる。

 

それによれば、2020年の上昇幅は15万ベトナムドン(6.52米ドル)から24万ベトナムドン(10.4米ドル)までとなる(下のチャートを参照)。


最低賃金

地域 2019年 2020年
第1地域 418 442
第2地域 371 392
第3地域 325 343
第4地域 292 307

(単位:万ベトナムドン)

ベトナム総労働連盟(VGCL)のLe Dinh Quang労働広報部次長は、この上昇はVGCLの予想ほど高くはないが、労働者の最低生活水準を満たすだろうと述べた。

「地域ごとの最低賃金の年率引き上げは企業に圧力をかけますが、それは労働者の生産性向上への動機付けとなり、企業の一般的な発展につながります」とQuang氏は述べた。

ビジネス界を代表するベトナム商工会議所(VCCI)のHoang Quang Phong副会長は、企業の賃金支出の増加は、政府が承認した値上げよりも高いことが多いと述べた。例えば、2019年に政府が5.3%の引き上げを承認した場合、総賃金上昇率は前年比で6%になる可能性がある。

「企業は、製造能力を増強し、不要な支出を削減するために、近代的な技術への投資を含め、支出を相殺し、年率の引き上げに慣れるための計画を立てる必要があります」とPhong氏は述べている。

20185月に中央党委員会が発表した賃金改革に関する決議No.27-NQ / TWによれば、地域最低賃金は2020年までに従業員の最低生活ニーズを満たす必要がある。現時点では、最低賃金は最低生活ニーズの90%以上を満たしている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年07月15日

このページのトップへ戻る