インドシナニュース

ミャンマー:電力供給が安定さえしていれば、料金が高くてもかまわない、と投資家

電力価格が上昇していても、ふだん途切れることなく電力供給を受けられれば、たいていの企業は営業できるので、この動きは歓迎されると一部の投資家は述べた。

「昨年だけでも、工場の停電時間は300時間を超えました。電力が止まるとディーゼル発電機を使用して工場を稼働させる必要があります」とミャンマー衣料製造業者協会のU Myint Soe会長は述べた。

電力供給が通常であれば、企業は追加の電気代を払っても問題ないと彼は付け加えた。

「供給が定期的かつ安定さえしていれば、新しい料金の下での電気代の年間予測に基づいて、業界は利益を上げることができます」と彼は述べた。

コストを節約したければ、節電機器を配備することができ、統制のとれた電気使用を確立するための対策を講じることができる。

「過去34年間、料金の引き上げが見込まれており、コストの上昇は定期的な電力供給によって相殺できると結論付けました。これにより、生産を規制し、頻繁な電力サージによって損傷を受けた機械のメンテナンスや修理のコストを削減できます」とミャンマー工業会の中央執行委員であるU Ko Lay氏は述べている。

実際、料金が引き上げられた今、U Ko Lay氏は、より多くの個人投資家がこの分野に参入することで、発電業界がより競争力のあるものになると期待している。

「競争が激しくなると、価格が下がり、工場では適正価格で電力を購入する選択肢が広がる可能性があります」と彼は述べた。

新料金の下では、住宅世帯および宗教的建造物は1ユニットあたり以前通り35チャットの支払料金をだが、上限は30ユニットである。31-50ユニットでは50チャット、51-75では70チャット、76-100では90チャット、101-150110チャット、201-200120チャット、そして201ユニット以上は125チャット課金される。100ユニットに対して3500チャットを支払っていた消費者は、今では72.9%増の6050チャットを支払うことになる。これにはサービス料は含まれていない。

企業、工場、政府庁舎、大使館、および国際機関を含む企業消費者は、上限500ユニットまで125チャットかかる。500-1000ユニットで10チャット増し。1000ユニット以上は180チャットの料金がかかる。

企画財務省のデータによれば 、71日に施行された料金引き上げ以前は、政府は2017 - 18年度に一般電力供給で5070億チャット損失しており、2018 - 19年には損失は6300億チャットまで増加した。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年07月09日

このページのトップへ戻る