インドシナニュース

ベトナム:EVFTAのおかげで非常に有利な衣料品と履物

EU-ベトナム自由貿易協定(またはEVFTA)の採択から3年以内に、一般の商品に対する税制上の障壁が完全に解消されるため、ベトナムの衣料品および履物産業はこの協定のおかげで非常に有利と予測される。

ヨーロッパには、衣料品および履物業界における主要なグローバルバリューチェーンがある。言うまでもなく、欧州市場のアパレルや履物の消費力は巨大。

EUに対する現在のアパレル製品輸出関税は9.6%。だが、協定が実施されると、それは0%になる。今年採用された場合、アパレル製品の輸出額は400億米ドルを超え、昨年の40億ドル増になる。今年はまだ実施されていなくても、今年の伸びは25億米ドル以上となるだろう。

EVFTAの採用に先立ち、自社の設備を整えるために、貿易協定では原産地のトレーサビリティについて厳格な規制が課されているため、国内企業は素材の改良に積極的に投資している。

 

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年07月08日

このページのトップへ戻る