インドシナニュース

ベトナム:BigCが国内企業からの衣料品購入再開を約束

ハノイの数多くのベトナム企業からの衣料品購入を突然停止するというスーパーマーケットに関する

74日午後記者会見で、BigC50のベトナムのアパレル企業からの商品注文再開を約束した、とDo Thang Hai 商工副大臣は述べた。

同大臣とこの問題に関するBigCのオーナーであるCentral Group Vietnamの社長との会合で、同グループは、企業と緊密に協力し、2週間以内に次の100のベトナムの供給業者からの衣料製品の購入を再開すると述べた。会議は74日の午前中にCentral Group と駐越タイ大使の主要なスタッフの出席で開催された。

Hai副大臣によると、同グループは会議で、署名された契約の中で規制や約束を満たさなかったために、残りの50社のサプライヤまで注文の履歴書を精査すると述べた。

同省を代表して、副大臣は同グループのベトナムへの投資を評価した。Central Groupは、BigCのほかにNguyen Kim家電ショッピングセンターとLan Chi Martのオーナーで、17000人の直接雇用と数万人の間接雇用を提供している。BigCだけで約9000人のベトナム人労働者を雇用している。

2018年、Central Group Vietnamは、BigCから500億ベトナムドン(21522万米ドル)を国家予算に1兆ドン(4300万米ドル)を拠出したとHai副大臣は述べた。

Central Groupは購入の一時停止に関して、ベトナム衣料産業に向けての新しい調達戦略だったと述べた。システムを再設定中で、それはグループが15日以内の一時的なベトナム製品の購入中止を必要としたと説明した。

これまでのところ、このグループは購入の一時停止は一時的なものであるとのメッセージをベトナムのサプライヤーやパートナーに送信した。副大臣は午前中の会合でグループの声明を引用して、前に署名されたすべての命令が実行され続けるであろうと語った。

現在、BigCには200社の衣料品および繊維会社を含む約4000社の小売業者がいる。

Do Thang Hai副大臣は、同省はBigC200社の衣料品供給者との間の和解が署名された契約に基づき、ベトナム法の他の規制を遵守しなければならないことを要求すると確認した。

同省の見解は、一方では外国投資家、特にBigCが国内で事業を営むための最良の条件を作り出すが、他方では、同省はベトナムの企業や消費者の利益を守るために決定されるという。

また、74日には、Central Groupとベトナム繊維協会が協力議事録に署名し、同協会が将来同様の問題を解決できるようになる。同省を含む政府機関は、透明で健康的な法的ビジネス環境を構築するための支援を提供するだけである、と彼は付け加えた。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年07月08日

このページのトップへ戻る