インドシナニュース

ベトナム:米国拠点のアパレル企業Hanes Brands、生産拡大の意向

米国拠点のベーシックアパレル世界最大のマーケティング会社の最大子会社の1つであるHanes Brands Vietnamは、ベトナムでの工場数の拡大と生産規模の拡大を計画している、と同グループのJerry Cook副社長は述べた。

彼が最近ベトナムで開催されたTrinh Dinh Dung副首相との会談で発表した報告によると、Hanes Brands Vietnam2007年に設立され、主にブラジャー、パンティー、下着、靴下、Tシャツを米国、カナダ、日本、オーストラリア、中国に輸出している。

Hanes Brands Vietnamは、ベトナムに7つの工場を運営し、約12000人の労働者を擁し、世界全体の同グループの生産高の26%を生産している。

2012年、同社は35千万番目の製品を出荷し、世界で最も過酷な市場の1つである日本への輸出を開始した。2015年には同社はヨーロッパにも進出。2017年、Hanes Brands Vietnamは、裁断工場を開設して、サプライチェーンを完成、オーストラリアでの市場拡大に向かった。

昨年、HanesBrands Vietnamの輸出売上高は4億米ドルと推定されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月24日

このページのトップへ戻る