インドシナニュース

ベトナム:オムニチャネルショッピングが定着(後)

(前編より)

 

電子商取引の後押し

ベトナムでのオンラインショッピングブームを考慮すると、マルチチャネルショッピングは増加中であり、小売企業の販売チャネル拡大、それによる顧客到達率の拡大、競争力強化に役立つ重要な要素になりつつある。 ベトナム最大の薬局チェーンであるPharmacityは、デジタル変革へのトレンドを認識し、1年以上前に同社の電子商取引プラットフォームとモバイルアプリExtracareを発表した。

「電子商取引サイトで医薬品やあらゆる年齢層、性別向けの家庭用品販売に重点を置いたExtracareは、さまざまな機能を介して顧客に献身的なケアを提供するユニークなアプリです。当社のオンライン販売のほとんどはウェブサイト経由です。8年の営業期間を経て、私たちは200店舗をオープンしました。全国規模での実店舗の急拡大は、強力なデジタルテクノロジーシステムに沿った我々の開発戦略によるものです」とPharmacityCEOChris Bank氏は述べた。

その一方で、Haravanは多くの地元の小売業者に彼らのビジネスモデルを変革するための技術ソリューションを提供し、酪農大手Vinamilkが全国400店舗で収益を10%増に貢献した。

Haravanは、半径12 km圏内の顧客に400店舗のウェブサイトと接続しオンライン取引を処理し、24時間以内に配達するシステムを設計した。 HaravanCEOHuynh Lam Ho氏によると、Biti’sJunoThe Coffee HouseCouple TXなどの主要ブランドはHaravanのプラットフォームを使用しており、良好な業績を達成しているという。

現在、ベトナムの6万以上の中小企業(SME)が、Haravanのオムニチャネルプラットフォームを使用し、特に業務や顧客との関わりにおいて、事業変革をしている。 4月、HavarvanVP Bankは、「Empower 50,000 Vietnam Business」プロジェクトを開始し、Haraリテールシステムを2年間無償提供し、企業が販売、在庫管理、顧客管理を管理できるようにし、 地元の中小企業がフレキシブルな融資パッケージサポートも展開した。

 

可能性の識別

従来の小売から電子商取引への移行には、両方の利点を統合した新しい小売モデル、つまりオムニチャネルが必要である。 小売、電子商取引のWebサイト、カスタマーケアセンター、ソーシャルネットワークの4つの柱を同じシステムに統合することで、ブランドは顧客にアプローチし、対話し、そして顧客を維持するより多くのビジネスチャンスを得ることが出来る。 2月にDeloitteが発表したベトナム小売産業レポートによると、この傾向の有効性は、オンラインショッピングよりオムニチャネルでのショッピングの方が93%多く、店内ショッピングよりも208%多いという。

3月下旬にかなり遅れて市場に参入した、地元のおむつブランドMamamyは積極的に主要電子商取引プラットフォームで自社製品を販売している。 同ブランドは、ベトナムは今、『人口の黄金時代』を迎え、多くの若い人たちが集まる中で、おむつ業界にとって魅力的な市場であると考えている。 この国には現在15歳未満の子供が約2500万人がいる。 ベトナムでは毎日平均4,300人の赤ちゃんが生まれ、10歳未満の子供がいない家族は非常に少ない。 同社の担当者によると、これらの数字は、おむつを含む、マザー・ベビー用品の可能性を示している。

この市場の総収益は3040%の成長率で、70億米ドル以上と推定されている。

ベトナムの電子商取引プラットフォームTikiは、パートナー企業と協力してベトナムの母親たちに商品をより便利な方法で提供することで、マザー・ベビー用品販売を強化する予定である。 これらの製品は非常に嵩張るので、同社は母親たちがより簡単に買い物をするソリューションも模索している。 Tikiは計画の詳細を明らかにはしなかったが、ベトナムの潜在的な可能性に深く浸透したいという願望を表した。 おむつ分野の収益は、毎月の総収入のほんの一部にすぎないが、今後数年間で容易に成長すると予想される。

Lazada Vietnamは、男性製品分野に焦点を絞り始めた後、昨年、女性製品分野に切り替えた。 販売報告によると、先進国、特に中国ではおむつや粉ミルクを購入する母親の買い物客の内50%がオンライン購入を選んだという。 Zhang氏によると、おむつや粉ミルクの多くの主要ブランドがこの傾向を認識しており、東南アジアやベトナムに多額の投資を行っている。

そのため、この2つの商品カテゴリーはマザー・ベビー用品分野における重要な要素であり、現在東南アジアに1,500のブランドを持つ同サイトのスーパーマーケットモデルのLazMallを開発するLazada Vietnamの事業戦略の一部である。同社は今年、5倍の売上増を目指している。Haravan氏は、既存の小売業者向けのオンラインストアモデルが将来的にはより高い収益をもたらすと考えている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月20日

このページのトップへ戻る