インドシナニュース

ベトナム:多大な損失にもかかわらず、外国人投資家はEコマースに資金を投下

大手外資企業の多くは、急速に拡大するベトナムのオンラインショッピング部門の長期的な可能性を視野に、大きな損失を被っているにもかかわらず、ベトナムの主要なEコマースサイトに継続的に投資している。

商工省傘下のベトナム電子商取引情報技術局(Vecita)によると、ベトナムのEコマース市場は、若い人口構成、可処分所得の増加、インターネットとモバイルの普及など、Eコマース経済の繁栄に必要なすべての要素を備えており、今後4年間で年間成長率25%を維持し、100億米ドルに達すると予想されている。この大きな成長の可能性は、過去2年間でベトナムのEコマース市場が大量の外国資本流入を引き付けるのに役立った。

しかし、市場はまだ開発の初期段階にあり、それが企業にとって大きな課題となっている。

業界関係者によると、企業は販売・マーケティングから保管・物流に至るまでの業務を遂行するために、Eコマース事業に多額の資金を投入する必要があり、その結果利益は簡単に枯渇してしまうという。また多くの企業が、新規顧客を獲得するための特別割引やプロモーションキャンペーンによって損失を被っている。Eコマース企業は市場シェアを獲得するために積極的に投資し、競争と短期損失を激化させている。

Lazadaを買収した後、AlibabaEコマースサイトに40億米ドルの投資を続けた。ベトナムで大きな市場シェアを獲得するために、Lazadaは昨年末までに5.3兆ベトナムドン(22747万米ドル)以上の累積損失を計上し、そのうち2.15兆ベトナムドン(9227万米ドル)が2018年に発生している。

昨年末までの累積赤字が2.7兆ベトナムドン(11588万米ドル)を超えたにもかかわらず、Shopeeは親会社のシンガポールのSea LimitedSea)から継続的に投資を受けている。同社は多数の割引、無料の全国配送サービス、販売者のトレーニング、その他のプロモーションで、自社のプラットフォームの宣伝に資金を注ぎ込んでいる。

2017年に約6000億ベトナムドンの損失を被った後、Tikiは中国第2位のEコマースグループであるJD.comやその他の投資家から約5000万米ドルの追加投資を受けた。Tiki2019年にも5000万~1億米ドルの投資を呼びかけており、1兆ベトナムドン(4292万米ドル)以上の損失にもかかわらず、JD.comは引き続きこの投資に参加する予定だ。

業界関係者は、ベトナムのEコマースプラットフォームのトップ5であるLazadaShopeeTikiSendoAdayroiの合計損失額は、最大10兆ベトナムドン(42918万米ドル)になると見積もった。

 

長期的な投資

貿易の専門家であるVu Vinh Phu氏によると、外国人投資家は損失にもかかわらず、ベトナムのEコマース市場での存在感を絶えず高めており、彼らの現在の目標は顧客を引きつけ、市場での影響力を拡大することである、とのこと。

CyberAgent Ventures傘下のベトナム・タイ事務所のNguyen Manh Dung所長は、Eコマースには長期的な投資が必要で、投資家は事業を開始してから510年で利益を得られるようになる、と述べる。Dung氏によると、一部の市場ではAmazonでさえ、10年間の投資でようやく利益を上げ始めたところもあるという。ベトナムでは競争が激しく、Eコマース企業が利益を上げ始めるまでには時間がかかるだろう、と同氏は付け加えた。

ベトナムの小売市場全体に占めるオンライン小売の割合はわずか1%だが、アメリカと中国では14%だ。専門家らは、ベトナムのEコマース市場がピークに達するまでにはまだ長い道のりがあり、外国人投資家らは早い段階でベトナムに投資していると結論づけている。

投資が行われた後、東南アジア7ヵ国で運営されているメタ検索ウェブサイトであるiPrice Groupが最近発表したMap of E-Commerceの最新データによると、今年の第一四半期はShopeeTikiLazadaがベトナムのEコマース部門のトラフィックにおいてトップ3サイトの地位を維持しており、それぞれ月平均4070万、3560万、2900万の訪問者があった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月19日

このページのトップへ戻る