インドシナニュース

ベトナム:デニム生産にはグリーンな成長が必要

ベトナムでのデニム生産は高い成長の可能性を持ち、ますます多くの投資家を惹きつけているが、環境を保護するためには繊維産業におけるグリーンな生産が不可欠、と専門家は613日のホーチミン市での会議で述べた。

ベトナム繊維協会事務局長Nguyễn Thị Tuyết Mai氏は、ジーンズ製造用材料の需要の約5560%が国内で満足できると述べた。

ベトナムのデニム生産部門の国内外の企業は、先進的な製造チェーンと技術に投資している。

国内企業もまた、設計段階により深く関与し、肉体労働者の数を減らすことに焦点を合わせている。

デニム生産部門はベトナムの繊維・アパレル産業内で完全なサプライチェーンを形成し、国内生産のための材料供給が可能だが、この部門の企業の数はまだ限られている。

同部門は成長の可能性を秘めているが、現在デニム製品はビエナムの繊維製品およびアパレル製品輸出の約1020%しか占めていない。

ベトナム繊維協会のNguyễn Đình Trường副会長は、持続可能な開発への傾向を考えると、消費者はグリーン生産と環境に優しい製品に熱心であると述べた。

「企業はより環境に優しい事業を行い、原材料を節約する必要がある」と彼は言った。

ベトナムの繊維・アパレル製品事業は生産方法を改善し、世界的なサプライチェーンに参加しており、これは機械を売るまたは地元のデニム事業に技術を移転したい外国企業にとって良い機会だと彼は述べた。

スペインを拠点とするJeanologiaのアジア部門責任者、Jordi Juani氏は、アジアでのデニムやジーンズの生産が増え続けると、それが環境に大きな脅威をもたらす可能性があると語った。

持続可能性についての意識を高め、業界の問題に対処し、特にグリーングッズに関して、現代の小売動向や顧客の嗜好に従うことを企業に促しました。

現在、デニム製品は世界の工業生産高の約800億米ドルを占めている。

この会議は613日に、612日から13日にかけてベトナム繊維協会、Denimsandjeans.comおよびその他の団体が開催したテキスタイル、アパレル用工業機器に関する国際展示会、DenimsandjeansViệtNamの一環として開催された。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月17日

このページのトップへ戻る