インドシナニュース

カンボジア:Nike、国内での取り組み継続を再確認

世界のスポーツウェアメーカーNike Inc.65日、カンボジアでの生産への取り組みを改めて表明し、労働条件改善における同国の進歩を称賛した。

カンボジア事業の詳細な分析については、「首都カンボジア」をご覧いただきたい。

NikeChris Helzer副社長は、Pan Sorasak商務大臣との会談中に、カンボジアの経済見通しと、特に衣料品および履物業界における国際労働法の遵守について楽観的であると語った。

Helzer氏は、衣料品部門の労働条件を改善し、それを規制する国際法を遵守するための努力に対して政府を賞賛した。

「カンボジアは現在、政府と民間部門の間のパートナーシップとして実施されている工場監視プログラムを通じて、国際労働基準への高い順守を享受しています」とHelzer氏は大臣のプレスリリースでの発言を引用した。

Nikeのような企業にとって、国際的な労働基準を順守することは今では簡単になっています。これは、投資と発注を決定する際の主な要因です。この点に関して、Nikeはカンボジアでの事業を継続します」と彼は言った。

Sorasak大臣は、政府が、特に衣料品及び繊維産業において、民間部門の事業をより収益性のあるものにすることを目的とした改革を通じて、投資と事業環境の改善に鋭意取り組んできたと述べた。

「私たちは、カンボジアに対するNikeのコミットメントとサポートに感謝します」とカンボジア衣料製造業者協会(GMAC)のKaing Monika副会長は、クメールタイムズ氏に述べた。

Nikeブランドは大きな価値を持ち、そのコンプライアンス基準は高いです」と彼は付け加えた。

Helzer氏は、Nikeが生産チェーンを強化し、人々に仕事を提供し、そして経済成長に貢献するための投資を増やすことで、カンボジア政府とのパートナーシップを継続すると語った。



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年06月13日

このページのトップへ戻る