インドシナニュース

ミャンマー:CMP原料の輸入は2億7000万ドル以上増加

商務省の統計によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間に、CMP産業が輸入する原材料は15億7300万米ドルに達し、前年同期比で2億7382万8000米ドル増加した。

アパレル製品や履物生産、製袋産業はCMPシステムの下で動いている。

商務省によると、2018-2019会計年度の10月1日から5月31日までの間、CMP衣料品部門からの輸出収益は24億9600万米ドルを超え、前年同期比9億3343万米ドル増となった。CMPの衣料品部門は輸出品目のリストの首位に立っている。

CMPシステムの下で、ミャンマーは縫製で約10%を得ている。CMP部門の年間所得は約3億ドルに達する。ミャンマー衣料企業家協会によると、国がCMPからFOBシステムに移行することができれば、CMP部門の収入は30億米ドルに増加するという。

CMP衣料品部門からの輸出収益は、2010年に約3億4000万米ドルに達した。輸出収益は、2014年に3倍に増加した。

2015年の衣料品部門からの輸出収入は14億6000万米ドルに達し、輸出総額の10%を占めている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月11日

このページのトップへ戻る