インドシナニュース

ベトナム:Amazonに商品が掲載される国内企業100社が選出

201966日から、ベトナム貿易振興庁(VTPA)とAmazon Global Sellingの間の長期計画の下で、自社製品をAmazonに掲載されるベトナム企業100社が選出された。

ベトナム貿易振興庁(VTPA)のVu Ba Phu局長は、このプログラムは今から2021年の間に実施される予定で、e-コマースによる世界的な輸出、米国のe-コマース大手との商標の普及、そしてベトナム企業向けのe-コマーストレーニングを含むと述べた。

企業はAmazonの販売プロセスについて段階的に学習し、Amazonの流通センターや広告に商品を登録して顧客基盤を拡大する。

経験豊富なサービスプロバイダも彼らと提携する。

Phu局長は、Amazonで最も成功した売り手が、10月に米国への貿易プロモーションの代表団に加わるように選ばれると付け加えた。

東南アジアおよびオーストラリア向けのAmazonグローバル販売担当ディレクターのGijae Seong氏は、電子商取引の輸出が世界貿易の重要な経路となっていると述べた。

Amazon18カ国27カ国語、幅広い商品、185カ国に商品を配送する175の流通センターのWebサイトを持っているため、これを介してベトナムの企業はグローバルに事業を拡大できる。

Amazonの売り手は130か国以上に及び、それらは約3億人の顧客を有する。

Phu局長によると、ベトナムの手工芸品、アパレル、履物、消費財は世界中の何百万もの顧客に届けることが可能だが、企業は徹底的に準備する必要がある。

Gijae Seong氏は、今後2年間でeコマースの売上高が3.3兆米ドルを超えると予測している。2022年までに、それは従来の販売チャネルと比べて6倍になると見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月10日

このページのトップへ戻る