インドシナニュース

ベトナム:急増する中国からの外国直接投資(FDI)の流入に専門家らが警告

中国からの外国直接投資急増の中、専門家たちは高付加価値製造と持続可能な開発を促進する目的で、外国直接投資(FDI)のための「フィルターツール」の創設を求めている。

 

計画投資省下の海外投資委員会によると、ベトナムは2019年の最初の5ヶ月間に合計167.4億米ドルの外国直接投資(FDI)を誘致した。これは前年と比べて70%の急増である。

最も注目に値するのは、総投資資本額が約71億米ドルに上る中国はベトナムにおける外国直接投資(FDI)投資家のトップとなったことである。

これは、近隣国である中国が大韓民国、日本、シンガポールの投資家を上回って初めて投資家リストのトップに立ったことを意味する。

この数字のうち、香港(中国)からの508000万米ドルは、新規登録資本金、追加資本金、および株式購入から201までの外国直接投資(FDI)案件の目的で投資され、残りは中国本土からの投資である。

専門家らは、中国の直接投資流入の急増は、進行中の米中貿易戦争からの落ち込みが原因である可能性があると指摘した。

Fulbright University VietnamNguyen Xuan Thanh博士は、中国経済の減速と相まり、貿易の緊張が、中国の外国直接投資(FDI)をベトナムにシフトさせる主な要因であると主張した。 昨年の中国のGDP成長率は6.6%で、過去28年間で最も低い水準となっている。

さらに、ベトナムは多くの自由貿易協定(FTA)、特に環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)のような新世代の協定に参加することの恩恵を享受してきた。これにより、海外の投資家が東南アジアの国々で投資機会を模索し、人件費と生産コストの削減、税率ゼロ、適切な物流サービスの恩恵を享受できるようになった。

外国直接投資(FDI)誘致促進のその他の要因は、政治的・社会的安定および安定した為替レートが挙げられる。

「ベトナムは近年、透明性と効率性の向上により、事業環境と投資環境を改善してきました」とThanh博士は述べた。

 

外国直接投資(FDI)の質向上に必要なフィルター

今まで中国から投資された多くの案件が小規模であること、時代遅れの生産技術を使用していること、および環境汚染により以前から非難されてきたため、中国における外国直接投資(FDI)の質について懸念が高まっている。

ベトナム外資企業協会会長のNguyen Mai博士は、加盟したFTA、特に新世代のFTAと歩調を合わせるには、国が外国直接投資(FDI)誘致戦略に大胆な修正を加える必要があると述べた。

国は対外投資の質向上を目的としたメカニズムと政策を検討し、施行すべきである。

外国直接投資(FDI)案件を徹底的に評価・選択するには、より協調的な努力が必要である。 莫大なエネルギー消費、大規模な土地の要求、時代遅れの技術は却下されなければならない。

中国はベトナムの主要原材料供給国である。したがって、中国の投資家は、ベトナムとFTAを締結した国々への輸出にベトナム製の原産地証明をするために、ベトナム市場を生産拠点に適した場所と見なすかもしれない、とMai氏は語った。

投資家をベトナムに移すことで、中国の投資家たちはまた、進行中の米中貿易戦争によって引き起こされる報復関税による悪影響を回避しようとしている、と同氏は加えた。

他の専門家たちは、高品質の外国直接投資(FDI)案件の利点に目を向け、高価値製品を生み出し、最先端技術を用いて活動することができる案件を優先させるべきだと強く主張している。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年06月06日

このページのトップへ戻る