インドシナニュース

ミャンマー:アパレル製品のCMP輸出額が3倍に増加

2018年から2019年の510日まで、アパレル製品のCMP総輸出額は25.6億米ドルを超え、輸出額は3倍増と商務省が発表した。

同国では、アパレル製品のCMP輸出は大きな輸出促進部門で、輸出額は2015 - 2016年度の8億米ドルから、2018 - 2019年度(財務年度)の510日までに256100万米ドルに増加した、と Aung Htoo商務副大臣は述べた。

2018年、アパレル製品の輸出額は約46億米ドルに達した。511日にミャンマー商工会議所連合連合(UMFCCI)の5周年記念でミャンマー衣料品起業家協会の幹事を務めるKhaing Khaing Nwe氏は、輸出総利益は2024年までに100億米ドルに達すると予想されていると述べた。 。

アパレル産業では、労働者数が5倍に増え、収入は10倍に増えた。Khaing Khaing Nwe氏は、生産性を2倍にするために絶えず努力している、と付け加えた。

地元の繊維業界では、海外からの投資が大量に流入している。協会には500人以上の会員企業が所属しており、繊維産業全体では50万人以上の労働者がいる。

アパレル産業は労働集約型の事業であり、国が先進国に移行するのを助ける主要な事業。協会は、草の根のための雇用を創出し、熟練労働者を見つけることができるアパレルCMP産業の発展のために、訓練学校の設立を通じて技術移転のために働くことができる。

協会は、労働法に関する毎月の教育協議を行い、雇用主と従業員の紛争を解決するのを助けるために、ILOと協力して労働担当官を任命しした。

「この業界では、約50万人の労働者が雇用されており、そのほとんどが女性です。この部門は40億ドル以上の製品を輸出することができます。それは雇用とGDPに大いに貢献しています」とAung Htoo商務副大臣は述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年06月05日

このページのトップへ戻る