インドシナニュース

<製造業の移動>貿易戦争により、ビジネスが 「世界の工場」から移転(前)

靴下・スニーカーから洗濯機・時計に至るまで、アジア諸国は、ブランドがより安い場所を選んで製品を製造することで対立を回避し、米中貿易戦争が製造業を恒久的に拡大することを期待している。「世界の工場 」と呼ばれる中国から、ベトナム、カンボジア、インド、インドネシアへとビジネスが拡大してきた。そして、世界の2大経済大国がお互いに報復関税を課すようになり、この変化が加速した。

米国のドナルド・トランプ大統領は今月、2000億米ドル相当の中国製品の関税を25%に引き上げ、中国政府は報復として600億米ドル相当の米国製品の関税引き上げを実施した。

「これにより人々を強制的に移動させられるでしょう」と、ベトナムのコンサルティング会社Dezan Shira & Associatesの国際ビジネスマネジャー、トレント・デービス氏は述べる。中国からの移転急増また、生産規模の拡大計画により、東南アジアおよびそれ以外の地域の製造拠点が強化されている。

カシオは米国の制裁を回避するため、時計の生産一部をタイと日本に移していると述べ、また日本のプリンタメーカーであるリコーも、一部をタイに移していると述べた。米国の大手靴メーカー、スティーブ・マデン社はカンボジアでの生産拡大を計画しており、ブルックス・ランニング、ハイアール洗濯機、そしてアディダス、プーマ、ニューバランス、フィラに販売している靴下メーカーのジャサン社もベトナムに注目している。

ベトナムへの注目は、低コストの労働力、魅力的な税制優遇措置、そして中国の類を見ないサプライチェーンに双肩することに魅力を感じている製造業者にとって、理にかなった動きだ。

「それは単に貿易戦争の結果ではなく、ベトナムに機会が多く存在するということです」とデービス氏は言う。

 

-好景気-

ベトナムの供給業者の中には、企業が米国向け輸出の約4000品目に影響するであろう新たな関税を回避しようと躍起になっているため、貿易戦争がこの傾向を加速させたと指摘する見方もある。ハノイの繁華街にあるGarco10工場では、ホリスター、ボノボ、エクスプレスといった米国ブランドのメンズシャツを大量生産している。同社によると、昨年の対米輸出は7%増加し、今年は10%増加する見込みだという。

「貿易戦争のおかげで、ベトナム経済のいくつかの部門、特に衣料部門が成長しました」と、Garco10のディレクターであるThan Duc Viet氏はAFP紙に語る。「より多くの工場を開き、生産能力を拡大したいと考えています」と彼は、アメリカのショッピングモールやデパート向けに大量の労働者がシャツを縫製する彼の工場で答えた。

米貿易統計によると、今年上半期の米国の中国からの輸入額は160億ドル近くに達し、前年同期から40%増加した。

 

(後編につづく)



その他 ジャンル:
最終更新:2019年05月31日

このページのトップへ戻る