インドシナニュース

ベトナム:仏スーパーAuchan、撤退

フランスのスーパーマーケットグループAuchan Retailは、5年経ったベトナムで赤字事業を売却する意向を発表した。

515日、AuchanEdgar Bonte社長はフランスの新聞Les Echosに、グループがベトナムで18店舗の売却を決めたと語った。

匿名の情報筋がVnExpressAuchanのベトナム事業は国内の小売グループによって買収されたと語った。このフランスのグループのスーパーマーケットチェーンは来月買い手に移転される予定。

Bonte社長によると、ベトナムでの彼らの事業は昨年5040万米ドル売り上げたが、赤字だった。損失の数字は明らかになってない。

同社の広報担当者によると、Auchan Retailのベトナムでの事業売却計画はすでに潜在的な買い手から関心を集めているという。

Le Mondeによると、Auchan2016年にフランスの多国籍小売チェーンGroupe Casinoが撤退した後、ベトナムで最後に残る欧米小売業だった。

Auchanがベトナムから撤退するという決定は、Auchan Retail Italiaのほとんどすべての事業をイタリアの協同組合小売グループConadに売却するという今週初めの合意に続く。

Auchan Retail3月、厳しいビジネス環境のため、イタリアやベトナムなどの赤字市場を見直していると語った。

Auchan Retailのスーパーマーケットチェーンは、2015年にベトナムで営業を開始した。スーパーマーケットは、ホーチミン市に13店舗、ハノイに4店舗、ホーチミン市の北西のタイニン省に1店舗ある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月20日

このページのトップへ戻る