インドシナニュース

ミャンマー:アパレル輸出、2024年には100億米ドルに達すると予測

ミャンマー連邦商工会議所連合会(UMFCCI)の第5回年次総会でミャンマー服飾企業家協会(MGEA)の長であるKhaing Khaing Nwe氏は、同国のアパレル輸出収入は2024年には最大100億米ドルに達すると予想されると語った。

「私たちの衣料品部門では、労働者の数が5倍、収益が10倍に増えました。今我々は労働者の生産性を倍増するために絶え間ない努力をしています」と彼女は付け加えた。

協会には500人以上の会員が所属し、縫製労働者の数は50万人を超えている。

アパレル産業は労働集約型の産業であると同時に、先進国に変革するための国の基本的な産業でもある。協会は労働集約的なCMP産業を発展させるために訓練学校を設立し、先端技術を習得することができるようにする。そうすることで、雇用を最大限に創出し、熟練労働者を見つけることが可能となる。

ILOと協力して、協会は労働問題担当官を任命し、教育的協議を共有し、そしてアパレル縫製工場が労働争議を解決するのを助ける。

昨年、アパレル産業は約46億米ドルを稼いだ。 MGHRDC12種類のトレーニングコースを実施している。

「衣料産業は、40億米ドルを超える価値のある製品の輸出のおかげで、貿易部門、雇用およびGDPに大きく貢献しています」と商務副大臣Aung Htoo氏は言う。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年05月13日

このページのトップへ戻る