インドシナニュース

ベトナム:環境にやさしい繊維産業を目指す

繊維・アパレル産業はベトナムの主要輸出産業の一つであるが、高レベルの温室効果ガス排出も生み出してもいる。

57日にハノイで開催された会議にて、ベトナム繊維協会(VITAS)Trương Văn Cẩm副会長によって声明が出された。

Cẩm氏によると、同産業は2017年と2018年にそれぞれ317億米ドルと360億米ドルの輸出売上高を上げた。今年、同業界は輸出売上高の目標額を400億米ドルに設定した。

しかし、同産業はまた高レベルの温室効果ガス排出をしている。この分野は繊維産業の評判に影響を与える多くの社会的および環境的問題に直面している、とCẩm氏は加えた。

世界野生生物基金(WWF)とVITASは、201810月以来、「水質管理とエネルギーの持続可能性の改善によるベトナムの繊維産業のグリーン化」を連携・実施してきた。

同プロジェクトは、ベトナムの繊維・アパレル産業を、低コストの製造業および低環境基準産業から持続可能で環境に責任のある製造業に変えることを目的としている。

また、ベトナムの繊維・アパレル産業を変革するというビジョンも持っている。 社会的、経済的、そして保全的な利益を国にもたらすために、産業界の関与と環境ガバナンスへの影響を通じてこの目的を達成すると見られている。

WWFによる持続可能な開発プログラムのマネージャーであるHoàng Việt氏は、世界の多くの有名ブランドが環境および社会的基準を強化した生産方法に変えたことで、環境の持続可能性を世界の消費者が目指していたと語った。

それゆえ、今のところ繊維産業が生産方法を変えなければ、ベトナムはその競争力と機会を失うであろう、とViệt氏は語った。

実際、繊維産業は今日最も環境に影響を与えている。 集中的な水の抽出、廃水の使用と排出、および水の加熱と蒸気生成のための高エネルギー消費は、水資源と温室効果ガス排出量に大きな影響を与える可能性がある。

工場や工業団地は、排水処理のための設備に投資するための財源などのさまざまな理由から、依然として放水に関する国内基準を満たすのに多くの困難に直面している。

加えて、既存の水資源および廃水資源の管理方針および規制は非常に複雑であり、実施は限られている。 これは、企業がよりクリーンな技術や製造方法に投資する際の障害となり、環境規制を順守することが困難になる可能性がある。

この問題に対処するために、天然資源・環境省のLê Thị Minh Ánh氏は、環境保護法を改正する方向性を共有した。

同省は、投資プロジェクトの審査基準の見直しを検討するよう国に要請する。見直し要請内容は以下の通り:環境に影響を与えるリスクのレベルに応じて投資プロジェクトを配分する、 統制を強化するメカニズム、これらの条件下での環境ライセンスを統合する。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月13日

このページのトップへ戻る