インドシナニュース

ベトナム:世界の有名ブランドの製造者に

ベトナムの繊維・アパレル部門は、自由貿易協定(FTA)を利用して世界的に市場シェアを拡大し、「世界の有名ブランドの製造業者」になると、貿易投資当局が述べた。

ホーチミン市投資貿易促進センター(ITPC)所長Pham Thiet Hoa氏は、国内生産製品のサプライチェーンが改善され、ベトナムがより多くのFTAに加盟したため、ベトナムから製品を調達する海外バイヤーが増えていると言う。また、競争的な労働コストと優遇政策は、引き続きベトナムが同セクターの投資家にとって理想的な投資先となるのに役立つだろうと述べる。

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)への参加は、同国にとって長期的な利益となり、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、オーストラリアをはじめとする多くの国で、繊維・アパレル部門の市場シェア拡大に役立つだろう。

また、EU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)も、中長期的にプラスの効果をもたらすことが期待される。EVFTAの法的審査は完了し、加盟国の承認手続きが進められている。6月にはベトナム国会で承認される見通しだ。

EUは、ベトナムの繊維・アパレル部門の第2位の輸出市場で、繊維・アパレル製品に適用される関税の40%以上が、EVFTAが発効すれば、0%に引き下げられる見通しだ。

FTAは、ベトナムが繊維・アパレル産業のバリューチェーンを高める上で重要な役割を果たしています。企業の海外直接投資について、これまでに約175億米ドルがこの産業に投資されています」とHoa氏は述べる。

先週香港で開催されたGlobal Sources Fashion showには、衣類、織物、工芸品、ファッションアクセサリーにおける30以上の主要なベトナムのメーカーが商品を展示した。出展者の多くは、ベトナム繊維協会(VITAS)、ベトナム繊維公団(Vinatex)、ホーチミン市の手工芸・木材産業協会のメンバーである。ベトナムの輸出業者らは、今回の見本市で、AuchanBest BuyCarrefour, Fossil、香港ディズニーランド、K-Swiss, Li & FungMarks & SpencerQuiksilverSwarovskiTargetTescoなどの、主要バイヤーからの輸出注文を増やすとみられている。

Global Sources Fashion Groupの社長Livia Yip氏によると、このイベントは業界の発展、また国際的なデザイン交流を促進し、デザイナーにとって買い手・売り手にアプローチするためのプラットフォームを提供するという。

展示会に参加した出展者のBui Thi My Hanh氏によると、ベトナムの出展者の多くはマーケティングスキルや輸出市場に関する情報を欠いているという。

「このイベントを十分に活用するには、出展者が効果的な出展者になるようITPCの訓練を受ける必要があります」とHanh氏は言う。同氏は、ITPCは、海外の貿易関係者と輸出業者をつなぐ架け橋として機能し、国内の輸出業者が輸出市場をよりよく理解できるようにすべきだ、と指摘する。

ベトナムの出展企業は、進行中の米中貿易戦争の影響で、中国からベトナムへの受注が増えることも予想しているという。

「ベトナムの繊維企業は今年、受注に前向きな兆候を見せています。多くの企業は、2019年の上半期だけでなく、通年ですでに注文を受けています」とVITASVu Duc Giang会長は述べた。

昨年、同業界の輸出額は360億米ドルで、前年比16%増となり、ベトナムは世界三大繊維・アパレル輸出国の一つとなった。繊維・アパレル部門は今年、輸出目標を前年比11%増の400億米ドルに設定した。業界は、2025年までに600億米ドル以上の輸出を目標としている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年05月09日

このページのトップへ戻る