インドシナニュース

ベトナム:アオザイ、日本のつまみ細工の花で新しい表情をつくる

ベトナムの伝統的なロングドレス衣裳、アオザイは、長い間ファッション、詩歌、音楽、映画における無限のインスピレーションの源であった。そして今、それはベトナムと日本のアーティストに新しいデザインのロングドレスを製作するインスピレーションを与えている。

 

新しいクリエイティブなコンセプトは、日本の伝統的なつまみ工芸「つまみ細工」に触発され生まれた。

つまみ細工の技法は、着物に合う花びら、花、鶴、その他のかんざし用具を作るために用いられる。 つまみ細工の促進に貢献する東京のつまみ細工店・スクールであるつまみ堂のアーティストによると、つまみ細工は約200年の長い歴史を誇っているという。

伝統的なつまみ細工は羽二重と呼ばれる絹の小さな正方形から作られている。 ピンセットで折り紙のように羽二重をつまんで掴むことで、それぞれの図が作成される。

エレガントで色鮮やかな織物の花からインスピレーションを得た、著名なアオザイデザイナーのSĩ Hoàng氏は、杏と桃の布の花で飾られた黄色とピンクの上質なシルク生地をデザインに使用した。

杏と桜の花は、塗装済みの木の枝が並ぶアオザイのスカート部分の前面部に配置されている。

Hoàng氏は、杏と桜の花は春とベトナムと日本の親密な友情を象徴していると述べた。

長いスカート部分に花を固定するために小さなピンを使用しており、花は簡単に取り外し出来るようになっている。

Hoàng氏は、上質な絹で作られたアオザイは、シルク生地の花の美しさを高め、女性の身体と共にしなやかに動くと述べた。

Hoàng氏によると、このデザインは同氏の専門である布地へのペイントと、日本のつまみ細工との組み合わせである。

「つまみ細工の技法は素晴らしいと思います。これは、細かく折られた布の花びらを美しい花に変えるものです。 布で出来た花とロングドレスのハーモニーが織りなす調和を見て私は驚きました。アオザイは私たちベトナム人の民族衣装であるだけではなく、世界中の女性に好まれるオシャレな装いでもあると私は願っています」と同氏は述べた。

デザイナーのTùng Vÿ氏は、色鮮やかな布の花とアオザイのリボン刺繍を組み合わせた創造的なデザインをしている。

「私はベトナムの伝統的なリボン刺繍を使って、春の気持ちを際立たせる陽気な気持ちになる色を加えています」とTùng氏は述べた。

日本の手工芸作品の芸術性は、ベトナムの伝統的なリボン刺繍と調和して現れ、アオザイの新しいスタイルを生み出している、と彼は語った。

同デザインは、3月上旬にホーチミン市で開催された2週間のアオザイフェスティバルで展示された。

 

保全への取り組み

「日本のつまみ細工とベトナムの伝統衣装を組み合わせることは素晴らしいアイデアです。 この新しい概念が、2つの国の伝統的な価値観の維持に貢献し、アオザイのデザインに広く広採用されたらなんと素晴らしいことでしょう。 つまみ細工を学ぶ世界中の人々に、幸せと新しい経験をもたらすことを願っています」と日本伝統工芸つまみ細工協会の役員、鴨下正次郎氏は述べた。

去年、つまみ堂店主の高橋正侑氏が、2018年のアオザイフェスティバル期間中に開催された文化交流イベントでつまみ細工の技術を紹介するために日本のアーティストグループを率いて訪越した。

Sĩ Hoàng氏によるつまみ細工の花で飾られたベトナム伝統衣装のデザインは、同イベントで初展示された。

1月に亡くなった高橋氏は今年のフェスティバルに参加し、ベトナムで日本の伝統工芸品を促進することを望んでいた。

つまみ堂初のベトナム人つまみ細工インストラクターであるLý Thanh Phương氏は、色とりどりの花がアオザイの美しさを引き立てるだろうと語り、「私にとってそれは花をより鮮やかで活気溢れるものにする、アオザイの新しいスタイルを作る完璧な組み合わせです」と述べた。

さまざまな色や形の花は、着用者の希望に応じて、袖、首、または胸部に組み合わせることができる。

ホーチミン市の日越友好協会の副会長のHuỳnh Ngọc Vân氏は、昨年、両国間の二国間外交関係が45周年を迎えたと述べた。

アオザイ美術館館長でもあるVân氏は、つまみ細工の花で飾られたアオザイは両国間の親密な交流と文化交流を象徴していると述べた。

彼女はつまみ細工がベトナムで広く使用されるだろうと述べた。

デザイナーのHoàng氏は、伝統的なアオザイは17世紀以来多くの変化を経てきたと述べた。 それは1930年代初頭にはアオザイタン(現代の伝統的なロングドレス)またはレ・ムールのロングドレス、1950年代には立ち襟部分が無いアオザイ、1960年代にはヒッピースタイルのアオダイ、そして現代ではフロント部分に刺繍、ペイント、絵画で彩られたロングドレスである。

デザイナーは伝統的な価値観と海外からの影響を組み合わせたデザインを取り入れるべきである。

Hoàng氏は、日本のアーティストの協力で様々な種類の布の花で装飾された新しいアオザイコレクションを製作すると発表した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月26日

このページのトップへ戻る