インドシナニュース

ベトナム:女性の工場労働者をセクハラから保護することについて議論

女性の工場労働者が職場でのセクハラに立ち向かうのを助けるためのプロジェクトを議論するためのフォーラムが421日に北部のタイグエン省で開催された。

 

このイベントでは、ベトナム一般労働連盟(VGCL)女性問題委員会のDo Thi Hong Van副委員長は、CARE Vietnamによって開始されたプロジェクトは、繊維工場の女性労働者に対するセクハラを減らすことを目的としていると述べた。

過去1年以上にわたり、このプロジェクトは女性労働者に訓練を提供し、健康で安全な職場を作ることに対する雇用主の責任を高めたと彼女は述べた。

VGCL副社長のPham Van Quang氏によると、タイグエン省には20万人以上の職員、幹部、労働者が住んでおり、その60%が女性。産業部門だけでも15万人の労働者が集まり、工業団地内で男女の不均衡が生じている。

繊維およびアパレル部門では、5つの地元の工場が産業および労働部門の労働組合によって管理されており、そのうち80パーセントが女性。

ベターワークレポート2017によると、セクハラ事例の多くは報告されていない。

イベントの参加者は、セクハラの認識と労働者を保護するためのスキルについて話し合った。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月23日

このページのトップへ戻る