インドシナニュース

ベトナム:オンライン上の偽造品防止には厳しい規制が必要

418日、ハノイで開催された会議の出席者は、政府は電子商取引プラットフォーム上での偽造品の取引に厳格な処罰を課すべきである、と語った。

Đặng Hoàng An商工省副大臣は、ベトナムの電子商取引は年2530%の力強い成長を見せていると述べた。 2018年、成長率は30%に達し、総収益は80億米ドルを超えた。

デジタル経済における電子商取引チャネルを通じた収益は、平均GDP成長率の5倍であった。

「しかし、偽造品問題や知的財産権の侵害は、オンラインショッピングサイトの普及に伴ってより日常的になっています」とAn氏は述べた。

2015年以来、当局は総額92兆ベトナムドンに上り120万件を超えるオンライン上の偽造品の違反を処理した。

同氏はベトナム政府および密輸・貿易詐欺・偽造品に向けた国家運営委員会(国家運営委員会389)が同問題を解決する抜本的な対策を講じたと述べた。

しかし同氏は、現行の欠陥は一部の法的枠組みによるものであると述べた。 電子商取引における行政処罰に関する規則(Decree 52)は6年前に発行されたものであり、同新事業に関しては更新されていない。 現在の規制では、当局が取引挙動と実際の送金を判定して処理の基礎を築くことが求められている。

一方、電子商取引市場で販売される商品は多様化している。売り手および買い手が偽の住所や名前を使用する可能性があるため、 取引時間の管理および売り手と買い手の特定は困難である。

「より厳しい処罰によって法的枠組みが更新されなければ問題は解決されず、省予算に損失をもたらし、顧客に影響を与えます」と同氏は付け加えた。

ベトナム市場監視局代表のTrần Hữu Linh氏は、アイディアを共有し、偽物購入の場所は既存のビジネス市場から電子商取引に変わってきたと述べた。

電子商取引Webサイトまたはソーシャルネットワークは、購入者と販売者の間の仲介者にすぎない。 化粧品、機能性食品、衣料品からアルコール、タバコ、武器などの禁止されているものまでのあらゆる製品がプラットフォームで販売中である。

さらに、ほとんどの配達業者は中間業者を通して支払われる請求書および商品を持たないため、彼らは偽造商品の輸送会社になってしまう。 特に電子決済では、銀行規制により、当局が購入者を見つけることは非常に困難である。一方、Eコマース産業には効果的なツールがない。

「私達は電子商取引活動の監視・監督における困難に直面しています。 情報技術、税関、税などのさまざまな機関の間で調整を行うべきです」とLinh氏は述べた。

彼はまた、偽造品や知的財産権の侵害に関する法的規制をオンラインで完成させることを提案した。

商工省 (MoIT)のベトナム電子商取引・デジタルエコノミーエージェンシーの電子商取引管理部門の責任者Nguyễn Hữu Tuan氏は、偽造品防止のための電子商取引サイトに対する責任を規定することを提案した。

エージェンシーは市場をよりよく管理するために、電子商取引サイトの確認と分類にもっと注意を払うようになるだろう。

「私たちは顧客から苦情をオンラインで受け取り、顧客に商品の取扱い方法および警告を提供するために当局に送付するシステムを構築します」と同氏は述べた。

科学技術省の副省長のNguyễn Như Quỳnh氏は、企業の見方を変えるべきだと述べ、合意した。

「企業はWebサイト上で知的財産権の侵害によって事業を行うことは法律違反であることを理解しなければなりません。 当局がそのように判断した場合、彼らはドメイン名に対して責任を負うことになります」とQuỳnh氏は述べた。

会議にて、Adayroi.comLazada.vnSendo.vnShopee.vnTiki.vnを含む5つの大手電子商取引プラットフォームは、自社プラットフォームでの偽造品防止契約に署名した。

それに応じて、彼らは偽造品防止に責任を持ち、電子商取引の持続的発展に向けて偽造品販売を行わないと誓約した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月23日

このページのトップへ戻る