インドシナニュース

ベトナム:電子商取引企業、忍耐強く長期的に利益を追求する必要

電子商取引は数か月の稼働で収益を出せるような短期的なゲームではない。

 

2018年、ベトナムの電子商取引市場は78億米ドルと推定されていた。2015年の40億米ドルという低いスタート地点から過去3年間で安定した高い成長率で急速に市場が拡大した。

2018年の成長率は30%を超え、商工省(MOIT)傘下の電子商取引&デジタル経済部長のDang Hoang Hai氏は、ベトナムはシンガポールとインドネシアに続く同地域上位3ヵ国の電子商取引急成長国の1つになると考えている。

Hai氏によると、ベトナムは電子商取引に関する法律や政令26を含む電子商取引の発展を規制するための法的枠組みを保持しているという。

それはまた、良好なインフラ条件、電子商取引を発展させるための基本的な要素を含んでいる。

ベトナムの電子商取引協会(Vecom)は、国内の電子商取引市場は、2019年と2020年に年率30%の成長率を維持出来れば、2020年までに130億米ドルに達すると予測されている。

それが事実であれば、実際の市場価値は2016年から2020年の電子商取引開発に関するマスタープランにおいて商工省(MOIT)が目標としている100億米ドルの閾値を超える。

Vecom議長のTran Trong Tuyen氏は、予測数値は過去3年間の統計に基づいて計算されていると強調した。この高い成長率は、若年層によるオンラインショッピング行動に一部起因している。

しかし、Tuyen氏は電子商取引開発の法的枠組みは「比較的良好」であることに同意しながらも、その成長は法律だけに左右されないと述べた。ベトナムでの「大きな問題は時間」である。

彼はさらに、電子商取引には通信インフラ、高度なIT、および高品質なサービスを含む開発に好ましい環境とエコシステムが必要であると述べた。

市場は高い可能性を秘めていることを認めながら、Tuyen氏はすべての企業が発展できるわけではないと警告した。

「電子商取引市場参入の際に投資家が保持する必要がある最も重要なのは技術です」と同氏は述べた。

電子商取引は、特に低コストの中小企業にとって有望な市場である。電子商取引プラットフォームに基づいて取引を行う企業は、オムニチャネルモードを適用し、在庫管理および注文管理は外部委託サービスを利用出来る。

以前は、企業は主に人手を使った輸送サービスを利用していた。 しかし、今では、輸送サービスプロバイダと繋ぐオムニチャネルセールモデルがあり、現在のスタッフの半分の人員でで運営可能である。

Tuyen氏は、コストを削減し、競争力を向上させることが出来る中小企業向けに設計された技術があるため、中小企業および新規進出企業は企業に適したテクノロジーを選択するよう勧めた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月13日

このページのトップへ戻る