インドシナニュース

ベトナム:ハイズン省に3900万ドルのアパレル新工場

Regent Garment Coの、現地で3番目となるアパレル製造工場の新設が原則承認された。3900万米ドルの投資案件となる。

Tứ Kỳ地区のNguyên Giáp工業団地に位置するこの工場は、年間2800万製品の生産能力を持ち、4900の現地雇用を生み出す予定、とオンライン新聞baodautu.vnが報じている。

香港のCrystal International Groupの関連会社である同社は、すでに同省に2つの同様の工場を所有している。

2006年当初に6400万米ドル投資して、Nam Sách工業団地(IZ)に本拠地を構え、2014年には22400万米ドルをかけてLai Vu工業団地に第2工場を増設し、毎年17000万点の製品を生産している。

ハイズン省の工業団地管理委員会によると、同省は最近多くの投資を集めている。

201810月の時点で、ハイズン省は13の外資系案件、金額にして13330万ドル以上に許可を発給し、32の他案件に31860万ドル以上の追加投資を承認した。

同じくして、7件の国内投資案件、総資本額6426億ベトナムドンと、その他5件の追加投資715.33億ベトナムドンを承認した。

今年、同省では約1億ドル相当の20の外資系案件にライセンスを供与し、他の20件の増資もおよそ1億米ドルに達する予定。

1000億ベトナムドンと評価される3つの国内案件も認可される一方で、他の2つの案件で500億ベトナムドン近くの増資が見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月12日

このページのトップへ戻る