インドシナニュース

ベトナム:ハノイ、オンラインビジネス登録で第1位

ハノイは2019年第1四半期にベトナムの63の直轄都市及び省の中でオンラインビジネス登録で第1位を維持し続けており、ビジネス環境を改善するための市の強力な取り組みを示している。

44日にハノイの計画投資局は、過去3年間と2019年第1四半期のオンラインビジネス登録のレビュー会議を後援した。

1四半期のオンライン登録事業者数は全体の99.8%で、63の直轄都市及び省の中で1位で、続いてゲアン、ビンズン、サライ、ソンラ、ハイフォン、ホーチミン市が続いている。

2016 - 2018年を振り返ると、ハノイはオンラインビジネス登録で1位を維持している。特に2018年に、ハノイは25,187の新規事業に事業登録証明書を付与し、前年同期比で3%増加した。

行政改革への大きな努力により、ハノイのビジネス環境は大きく改善された。直轄都市及び各省の競争力指数(CPI)は2012年から継続的に改善しており、2018年には2017年から0.69ポイント上昇しCPI657ポイントとなり、トップ10入りした。

市は2019年にビジネス環境を改善し続けるためにいくつかのタスクを設定した。行政改革はその1つである。

さらに、市は2019年第2四半期に事業活動の監督におけるリスク管理に関するスキームの承認を検討している。

2018年に、ハノイはベトナムの最も魅力的な投資先となり、ホーチミン市とハイフォンがそれに続き、国の総投資額の21.2%を占める75億米ドルの外国直接投資(FDI)を誘致した。

2019年第1四半期に、ハノイは41.5億米ドル相当の外国直接投資(FDI)を誘致し、国内総生産の38.4%を占め、第1位を維持した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年04月11日

このページのトップへ戻る