インドシナニュース

ベトナム:専門家は地元アパレル企業をこう見る

(本編より)

 

Chris Dobson  - 小売デザイン協会副会長

伝統的なマーケティングおよび小売促進の方法は時代遅れです。 競争力を持ちたいのであれば、小売業者は最新トレンドに向かって成長しなければなりません。最も先進的な方法の1つは、顧客に購入前に製品を体験する経験を持たせることです。そうすれば、提案された製品を本当に理解して購入の決定を下すことができます。

他に、販売・マーケティング活動にデジタル技術を適用すること、そして利便性を提供できるショールームを展示しましょう。しかし、小売業界の将来は最終的には顧客のコミュニケーションと経験にかかっています。

 

Rebecca Pearson  -  CBREアジア副所長

ベトナムは、2018年、世界で最も急成長している国の1つでした。最近では、東南アジアの製造拠点にもなり、サムスンやアディダスのような多くの大企業を集めました。

ベトナムの顧客の信頼指数と都市化率もまた力強い成長を遂げており、 MothercareSuperDryCanaliBoseFranck Muller、その他多くの小売業の参入者がベトナムに参入するようになりました。 それに加えて、オンラインおよび電子商取引の小売業者は、HabitatAmazonなどのさまざまな販路を通じて店舗を拡大しています。 今後、消費者はオンラインとオフラインの両方の方法で買い物をするでしょう。小売業者は、今後、顧客の需要を満たすために新しい技術を適応させる必要があります。

 

Geoffrey Morrison  - Concept Iの創設者兼CEO

小売業者が顧客を獲得したいのであれば、彼らは顧客に商品を試用する機会を提供しなければなりません。たとえば、ニューヨークのGucchi直販店は、顧客が製品を体験して試すための1000平方メートルのスペースを作成しました。これが小売の新しい概念です。新しい小売トレンドは、より柔軟で、より革新的で、デジタル技術と通信技術を適用するものでなければなりません。小売業者が現代の競争の激しい市場で成功するためには、買い手と売り手の間のコミュニケーションを強化し、顧客の需要を満たすために新しい技術を適用し、継続的に革新し、消費者に新しいトレンドを生み出す必要があります。

 

Dymfke Kuijpers  -  McKinseyの消費者戦略・小売シニアパートナー

デジタル・人工知能はショッピングモールで既に利用されており、伝統的な小売と電子小売の間の境界線ははっきりしていません。 この新技術は店舗がリンクを強化することを可能にし、オペレーターとテナントの間の新しいタイプのパートナーシップを進化しています。例えば、ユニクロはヘッドフォンのみを使用し、顧客に600の異なるスタイルを作成することができます。このヘッドフォンは、正確なアドバイスを提供しながら、顧客の要望やニーズを伝達し分析することができます。このアプリケーションのおかげで、ユニクロは顧客を忠実に保つことができるだけでなく、潜在的な顧客も引き付けることができます。同様に、ナイキは顧客のより深い製品理解のためにゲームをするショールームを設計され、また、Gucchiショールームは顧客が最新のファッショントレンドについて学ぶことができる図書館に近いものです。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年03月26日

このページのトップへ戻る