インドシナニュース

ベトナム:Thanh Cong社、Sears の破産で200万ドル以上回収不能の可能性

ベトナムの大手繊維企業Thanh Cong社は、400万ドルの負債を負い破産した米国の小売業者Sears Holdingsから一部しか回収できないと米国の弁護士らは考えている。

Thanh Cong TextilesTCM)のTran Nhu Tung社長は、Sears410万ドルの負債が、同社の総資産の3%を占めると述べた。

「米国の弁護士は、この債務の4050%は回収可能と述べていますが、それがいつかはまだわかりません」と彼は最近の会議で述べた。同社はまだ小売チェーンが201810月に提出した破産手続きに関する米国の裁判所からの決定を待っている。

「納品後払いから信用決済に切り替えようとシアーズと交渉中でした」と彼は言った。

TCMは、税負担を軽減するために不良債権の引当金を計上する予定。

Tung社長によると、Sears Holdingsは生地を発注して、ファッション製品を作ろうとしており、それらは特定のデザインに合わせて作られているため、Searsが返品してもTCMではそれらを販売するのは難しいと考えている。

しかし、Phu Hung Securitiesの報告によると、Sears Holdingは最近、事業継続のためにパートナーから3億米ドルの追加融資を受けたが、コスト削減のための店舗数は少ないため、Thanh Cong410万ドルを償却する必要はないだろう。

Sears Holdingsは以前、Thanh Congの主要顧客であり、その子会社であるRoebuckKmartは、同社の収益のほぼ7%を占めていた。

Thanh Cong社は、輸出が収益の88%を占める。

ロイター通信によると、Sears 社は、10年にわたる収益不振、何百もの店舗閉鎖、億万長者エディ・ランパートが長年にわたる交渉の後、2005年に110億米ドルで買収して、会社の再建に取り組んだが、最終的に破産申告した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年03月25日

このページのトップへ戻る