インドシナニュース

ベトナム:非小売ビジネスがショッピングモールを埋め尽くす

電子商取引ブームによりベトナムのショッピングセンターは小売ビジネス以外のスペースが多くを占めるようになっている。

Jones Lang LaSalle Vietnam JLL)によるベトナムの小売不動産市場に関する報告によると、小売部門における技術の開発は、ベトナムの消費者の買い物行動を再編してきた。

オンラインショッピングの人気と利便性により、企業は店舗からオンラインストアへと移行している。これを認識して、商業センターの運営者は非小売テナント、特に共同事務所スペース賃貸業者、教育会社、ジムといったコミュニティ的な性質を持つプラットフォームを歓迎し始めた。

ホーチミン市の商業スペースでは、共同事務所スペース、ジム、教育サービスに対する需要が高まり、通常510年の長期リースの契約が増加中、とJLL

「オフィススタッフ、特にミレニアル世代は、仕事と生活の統合を向上させる労働時間と条件にますますシフトしています。事務所から近い商業センターは、労働者が新しい言語を学んだりヨガセッションに参加するための理想的な場所になりつつあります」とJLLStephen Watts社長は言う。

昨年6月の不動産コンサルティング会社CBRE Vietnamのレポートによると、ハノイとホーチミン市には34のコワーキングスペースがあり、2017年から62%増加した。過去5年間で、ベトナムのコワーキングスペースの数は年平均55%増加した、という。

ショッピングモール内の外国語クラスやジムは、ショッピング、エンターテイメント、食事などの他の幅広いサービスの近くにあるというだけでなく、場所や広い駐車スペースなどでもモールの施設を利用することができ有利である。

見返りに、有名なフィットネスセンター、共同事務所、教育のブランドは安定した数の訪問者、定期的にショッピングモールに入るであろう何千人もの人々を勧誘することが可能だ。

さらに、フィットネス、教育、共同事務所スペースの各ビジネスは、オンラインモデルに変化するわけにはいかず、長期にわたってその場で繰り返しビジネスを提供することになる。

「今後10年間でこれが1つの大きな趨勢になると予想しています。このダイナミックな分野で魅力を維持するためには、商業施設は自らの立場を変えていかなければなりません。変化に適応できない施設は空室率が高まることでしょう」とWatts社長は言う。

ベトナムEコマース協会によると、ベトナムのEコマース市場は昨年25%成長し、今後3年間この成長率を維持すると予想されている。

JLLによると、2018年末までに、ホーチミン市とハノイの小売賃貸スペースの総供給量は200万平方メートルを超え、それぞれ稼働率は89.7%88.1%に達している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年03月23日

このページのトップへ戻る