インドシナニュース

ミャンマー:縫製工場ストライキ、700人以上の労働者に給料、報酬を支払うことで決着

ヤンゴン地方域Hlinethaya郡区Shwelinban工業団地のKyansittha通りにあるBlue Moon Garment Factoryは、工場資産を売却した後、700人以上の従業員に給与と工場閉鎖の補償を支払うことに合意したと工場労働者は述べた。

協定は、313日午後に開催された雇用主であるPhyo Min Thein首相と労働者が率いるヤンゴン地域政府間の三者協議の後に成立した。

工場の所有者は、工場の所有物を売却した後に労働者に支払うと地方域首相の前で合意に署名した。労働者は1月と2月の給与と工場閉鎖の報酬を受け取る権利を有する。

「首相はすでに38日に工場の資産を売却した後に労働者を返済するよう指示しました。しかし雇用主は故意に延期しました。しかし今は所有者は首相の前で署名しましたた。明日の午前10時に、工場の機械は数えられるので、それから、労働者は給料と報酬を返済されるでしょう」と工場労働者のHnin Nu Waiさんは語った。

Blue Moon Garment Factory700人以上の労働者が222日から工場の前で抗議キャンプを開き、給料を要求している。所有者は228日に工場の閉鎖を発表した。

抗議労働者は、31日、8日、12日に官庁に来ることによって、ヤンゴン地方域政府に紛争調停を要求した。313日になって和解が行われた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年03月18日

このページのトップへ戻る