インドシナニュース

カンボジア:出産した労働者らに総額約130万米ドルを支給

国家社会保障基金(NSSF)は、今年の最初の2か月に出産した約13000人の縫製労働者に約130万米ドルを支給した。支給額は前年同期比で約55%の増加。

34日付けの国家社会保障基金(NSSF)の報告書によると、「1月と2月には、12779人の労働者が12844人の子供を出産し、1228440米ドルを支給した。うち、72人に双子が、1人に三つ子が誕生した」

同報告書によると、昨年同期間に8310人の縫製労働者が8366人の子供を産み、それに対して836600米ドルを支給したという。

カンボジアの縫製産業は約70万人の労働者を雇用しており、そのほとんどが女性。

20179月、フンセン首相は、政府が子供を出産した縫製労働者に100米ドル、双子の子供に200米ドル、三つ子に300米ドルの手当を支給すると約束した。

政府は、出産する労働者に少なくとも年間1000万米ドルを支給する予定。昨年、政府は65534人の子供を持つ65054人の母親に約700万米ドルを支給した。

労働者運動集団連盟のKeng Chhenglan副委員長は、日々の支出の補助として子供を出産した女性労働者に手当を支給するという政府の方針を支持したと述べた。

「私たちは、出産時に収入を得ることができないため、出産した女性の縫製労働者に手当を支給するという方針を賞賛します。女性は出産中および出産後に多額のお金を必要とするため、日々の生活費の足しになります」と彼女は言う。

Chhenglan氏は、女性労働者が定期的に恩恵を受けることができるように、ボーナス政策を法律に盛り込むよう政府に要請した。

2ヶ月半前に女の子を出産したタケオ州の縫製労働者im Samiさん(32歳)は、すでに政府から100米ドルを受け取ったと語った。

「このお金で食物と乳児用ミルクを買えるので、私はとても幸せでした」と彼女は言った。「出産する貧しい女性労働者を助けるために、政府にこの政策をずっと継続してもらいたいものです」



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年03月14日

このページのトップへ戻る