インドシナニュース

繊維企業、受注に苦しむ

   商工省によれば、ハイシーズンに入っているにもかかわらず、ほとんどの繊維企業が受注に苦しんでいるという。

   主力の欧米市場が初春の在庫を抱え、ディストリビューターも発注しないため、2012年5ヶ月で、注文価格が下落傾向にある。

   5ヶ月間の繊維業界の輸出金額は53億USDで、対昨年同期比7.7%増加している。生産用の原材料の輸入については、数量、金額、いずれも減少しており、そのうち、綿花は33.7%、糸は29.3%、生地は1.8%といずれも対昨年同期比の金額ベースで減少している。

   ベトナム繊維協会副会長Dang Thi Phuong Dung女史によれば、現在、繊維製品生産企業の在庫品は、国内消費分が増加していると言う。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年06月09日

このページのトップへ戻る