インドシナニュース

カンボジア:労働省、工場に暑い季節の危険性を警告

Ith Samheng労働大臣は、工場所有者らに、乾季には職場の暑さに注意して、労働者の健康に気遣うようにと通達した。

Samheng氏は、乾季は職場を酸素不足にすると言う。

工場内の原料の臭いと高温は労働者の健康に影響を与える可能性がある、と彼は付け加えた。

「雨季や寒い季節には失神する労働者が少ないことがわかりましたが、暑い季節には失神する人が多いのです。しかし、我々は工場の問題を円滑に解決しようとしており、先月、天気を監視するよう全国の雇用主に助言しました」と彼は述べた。

先月、Samheng氏はすべての企業、特にアパレル製品および履物の工場に、企業のニーズを満たすのに十分な水を貯めるように指示したと述べた。

「工場は労働者に清潔な水を十分供給して、職場の温度を測定するための機器を設置しなければなりません。すべてのドアと窓を開くか、生産場所に扇風機を増やしてください。屋根の上にスプリンクラーを設置して、熱を減らすために1日に少なくとも2回水を撒いてください」

Samheng氏は、工場では労働者が交代を始める少なくとも1時間前に生産施設の換気を確実に開始する必要があると述べた。

「労働省は、企業の所有者と雇用主が提案された措置を効果的に適用することを強く望んでいる」と述べた。

カンボジア衣料製造業者協会のKaing Monika副会長は226日、会員企業は常に警戒を怠らず、暑い季節の問題に対する予防措置として労働法を遵守し、職業上の安全衛生基準を守っていると述べた。

「それはカンボジアの法律や国際的慣行に存在する職業上の安全衛生要件の一部です」とMonika氏は述べた。

「これは労働安全衛生の一部であるため、ほとんどの工場はこの安全衛生分野で講習を受けています」と彼は付け加えた。

「また、労働省の厳格な監督下にあり、Better Factories Cambodiaの監査の下にもあります」と彼は言う。

「一部の工場では、それぞれのバイヤーの監査を受けています。ただし、特定の期間、特に暑い季節には、この問題にもっと注意を払うように人々に注意を促すことが重要です」



カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年03月04日

このページのトップへ戻る