インドシナニュース

ベトナム:アパレル企業・漁業企業、本年度生産拡大を計画

アパレルおよび漁業産業の企業は、CPTPPEVFTAなどの自由貿易協定を最大限に活用するための開発計画を打ち出した。

Vinatexによると、繊維・アパレル業界は輸出額の伸びを810%、合計で400億米ドル以上、工業生産額の伸びを5%にすることを目指しているという。

企業は53億米ドルを超える輸出売上高を有する、包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)に基づく市場をターゲットにする。そのうち日本への輸出額は40億米ドル以上であり、カナダとオーストラリア市場への輸出額はそれぞれ2倍の10億米ドルになると予想されている、とVinatex社のLe Tien Truong社長は述べた。

EU市場については、今年EU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)が施行されれば、総輸出額を40億米ドル増やすことができ、総輸出額を400億米ドル以上に引き上げられる、とTruong氏は述べた。

Truong氏によると、Vinatex社の今年の輸出額は前年比57%増、利益は12%増を見込んでいるという。これらの結果は、ベトナムの株式市場における上位10大上場企業の1つになるという目標の実現に役立つ。

これらのFTAによる利点に加え、Vinatex社のCao Huu Hieu常務は、今年は世界経済の成長率の低下、米中貿易戦争の予想外の進展、英国のEU離脱などにより、2018年よりも多くの課題があると語った。これらは、為替レート、織物およびアパレル産業の原材料輸入におけるリスクに繋がる可能性がある。

Hieu氏によると、国内要因も、最低賃金や電気料金を引き上げ、それによって投入コストを引き上げる可能性など、繊維企業の生産活動に影響を与えると予想されている。

Vinatex社の関連企業としてViet Tien Garment社は2019年、品質と輸出額の向上とともに、市場と顧客基盤の拡大を続けていくことを目指している。同社のBui Van Tien社長は、その目標は2020年の輸出額10億米ドル、年間平均成長率10%であると述べた。

Garment 10社のThan Duc Viet副社長は、同社は今年、総売上高で32千億ベトナムドン、利益700億ベトナムドンの目標を設定したと語った。株主には15%の配当支払い予定。

Webサイトhttps://tinnhanhchungkhoan.vn によると、Century Synthetic Fibre STK)社、Thanh Cong Textile Garment Investment Trading TCM)株式会社、Phong Phu GroupPPH)社などその他のアパレル企業も今年は生産増を計画しているという。

STK社は、Trang Bang 5プロジェクトの延伸加工糸(DTY)およびポリエステル糸の再生糸製造能力を増強するために、2019年初頭に1080万株の発行を促進し、660億ベトナムドン以上の投資資金を動員すると発表した。

計画どおり、再生繊維部門の今年の収益の20%に貢献し、2018年比14%増となる。この数字は、2020年には30%に急上昇する見通し。



水産業

国内の水産企業も投資を加速し、それらのFTAの公約の下で原材料の量と質を確保するために多くの技術的解決策を適用した。

ベトナム水産輸出加工協会(VASEP)のThi Tuong Lan会長によると、今年、水産業は輸出額が100億米ドルに達するとしており、これは前年比11%増である。そのうち、輸出額はエビが40億米ドル、チャー(パンガシウス)24億米ドル、その他の魚介類が33億米ドルになる見込みである。

Minh Phu Seafood社(MPC)Le Van Quang会長は、2019年には成長率を15%増やし、77400トンのエビを生産し輸出額を85000万米ドルにする計画だと語った。

今年の税引前利益は2018年の2.3兆ベトナムドンを超えている。同社は、需要の拡大に対応するために、生産能力の増強のためにM&Aを実施する予定である。

ダナンに本拠を置くThuan Phuoc Seafood and Trading株式会社のTran Van Linh会長は今年、生産および輸出の拡大のため、同社加工工場への投資拡大を計画していると語った。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年02月27日

このページのトップへ戻る