インドシナニュース

ベトナム:日本の投資会社がファッションブランドEliseを買収

アジアのファンド会社を通じて、日本のアドバンテッジパートナーズが、ベトナムの大手女性ファッションブランドの1つであるElise Fashionを買収した。この取引は、アドバンテッジパートナーズの資金によるベトナムでの会社の最初の買収ということになる。

Elise Fashionは、2045歳の女性をターゲットとしたブランドのファッションチェーンとして2011年に設立された。同社の事業は、設計と製造から小売店での販売まで垂直統合されている。Eliseは現在ベトナム全土に95店舗を展開している。アドバンテッジパートナーズによれば、この契約は女性のファッション分野での経験を活かしてEliseの成長を加速させるという。

この投資ファンド会社は、メガネスーパー、日本のメガネ小売業者、そしてアウトドアウェアチェーンISG ishii-sportsなどのファッション会社に投資している。1992年に設立されたアドバンテッジパートナーズは、5つのバイアウトを展開し、昨年、38000万ドルのコミットメントでその最初のアジアファンドを閉鎖し、日本国外への投資を行った。Elise以前は、北京を拠点とする韓国の飲食店オペレーターZheng Yi Wei、マレーシアの消費者包装メーカーであるPlastic Center Group、台湾を拠点とする卵と卵関連製品の製造業者、上海を拠点とする教育サービスプロバイダーを支援していた。

昨年末、ベトナムのメ​​ディアは、日本のファッション小売店UniqoEliseへの35%の出資を検討していると報じた。しかし、Uniqoはその噂を否定したが、EliseCEOであるLuu Thi Ngaはすぐにはコメントしなかった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年02月18日

このページのトップへ戻る