インドシナニュース

ベトナム:日本の小売業者は市場参入を切望(後)

(前編より)

 

大企業の競争

ベトナムだけでなくイオンが展開する他国においても大型店舗を必要としていると西峠社長は述べる。

「ですが、主要都市の土地資源はかなり限られており、土地自体も高価です。これは、ベトナムでの事業拡大において直面している重要な課題のひとつです。店舗チェーンを拡大するには、インフラと技術ネットワークも非常に重要な要素となります」 と彼は言う。

ベトナムでトップの小売店になることを目指し、イオンは、特に小売業での消費者需要の高まりを受け、今後数年間でより多くのショッピングモールをオープンすることを計画している。

「今後2年間で2つのモールを立ち上げるとともに、今年は全国で15以上の専門店をオープンする予定です。私たちはまた、利益を高め、顧客のロイヤリティを獲得するために、メンバーカードにもっと焦点を合わせます」と彼は明らかにした。

新参となるFujiMartは、2021年までに3店舗出店する予定である。

「その後、チェーン拡大を検討します。ベトナムの消費者に最高品質の商品を届けるため、私たちはベトナムの食文化と日本の高品質なサービスを融合すると決定しました。BRGと住友商事は、この最初のFujiMartストアで相互理解を深め、そのコンセプトを実現する方法について継続的に議論しています」と一松社長は述べる。

彼はまた、物流の改善が必要であることにも触れた。食品の安全性を保証するため、特に冷蔵・冷凍製品に関して、コールドチェーンの改善が必要となる。

「これは対処が困難な問題であり、その改善は小売業者、製造業者、物流会社など、すべての関連業界をもって解決する必要があると考えています」

さらに、Duane MorrisCooper氏は、日本からの外国投資家が直面している主な課題には、特に大都市の中心街では、高賃料と官僚主義が含まれると述べる。

EU・ベトナムビジネスネットワーク(EVBN)による「Vietnam's Distribution and Retail Channels 2018」での調査によると、スーパーマーケットはベトナムでさえも損益分岐点に達するのに5年以上かかることがあるとのこと。インドネシア、マレーシア、シンガポールではその2倍の時間がかかり、コンビニエンスストアも、土地と資本に関して同様の問題を抱える。

官僚主義に関しては、小売流通の外国投資家は国内プレーヤーと比較してはるかに大きな障害に直面している、とCooper氏は続ける。彼らはより多くの認可を得ることを要求され、店舗をオープンするために「経済需要テスト」が求められる。これは平等な競争条件ではなく、市場に望ましくないレベルの不確実性をもたらす。農村部では現代的なマーケットはまだ開発されていないため、日本の投資家が地方で事業を行うことも困難だ。

特に、日本の小売業者にとって最大の地場競合企業である、ベトナム最大の民間財閥のVingroupは、2018年末日に全国で合計117のコンビニエンスストアVinMart +をオープンし、ベトナムおよび世界の小売業界で新記録を樹立したと発表している。この大量の新規開店により、ベトナムのVinMart +店舗の総数は1700に増え、国内でトップの小売店としての地位を固めた。当グループは以前にスーパーマーケットチェーンFivimartの買収を完了している。Vingroupの子会社であるVinCommerceは、2020年までに200店舗のスーパーマーケットVinMart4000店舗のコンビニエンスストアVinMart +を持つことを目標としている。

 

市場の見通し

IGD AsiaのシニアリテールアナリストであるSoo-Eng Tan氏によると、ベトナムの小売・食品市場は大きな成長の可能性を秘めており、2023年までの年間成長率予想は10.3%。今後5年間でアジアで最も急成長を遂げている上位3市場のひとつとなるとのこと。

「食品市場の成長の約90%が、生鮮市場、屋台、町屋などの伝統的な取引が占めているため、現代的なすべての小売取引チャネルで成長が見られ、多くの外国投資家を魅了しています。」と彼女は言う。

商工省はまた、現在から2020年にかけての商品およびサービスの小売業売上高からの総収入の年間成長率(価格要素を除く)は、年間平均13%、2021年から2025年にかけて14%成長し、2020年までに2555億米ドル、2025年までに4846億米ドルを超えると予測している。

西峠氏によると、最も競争の激しい小売市場のトップ5に入っているため、ベトナムはイオンを含む世界中の大手小売業者にとって魅力的な場所だという。

「市場の潜在力と開発要因は、郊外にショッピングセンターを開発するトレンドを明確にし、また単に買い物をするだけでなく、ショッピングモールでの飲食店や娯楽活動もしたいという消費者のニーズが高まっていることを受けた「ワンストップショッピング」モデル開発へのトレンドを示すなど、イオンの事業戦略と一致します」と彼は言う。

小売市場は非常に競争が激しいにもかかわらず、ベトナムの小売市場の需要は2桁台の伸びを示している。

「この国の経済見通しが非常に前向きであり、日々の生活水準を上げているので、この傾向は続くでしょう。さらに、食品小売市場は大きな転換期を迎えようとしています。ベトナムの人々の間で食の安全と信頼への関心が高まれば、伝統的な生鮮市場から近代的なスーパーマーケットへと移行する可能性があります。」と一松氏は述べている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年02月15日

このページのトップへ戻る