インドシナニュース

カンボジア:アパレル輸出は24%増加

カンボジア国立銀行(NBC)の報告書によると、カンボジアの昨年のアパレル製品および履物の輸出は、世界経済が好調に推移し、輸出先の需要が高まったため、対前年比で24%増加した。

カンボジア国立銀行(NBC)の2018年の報告書によると、カンボジアのアパレル製品および履物の輸出は2017年の80億米ドルから24%増加し、100億米ドルに達した。2017年の成長率はわずか7.6%だった。

「アパレル製品および履物製品の輸出の伸びは、世界経済が好調に推移したことにより牽引されている。カンボジアのアパレル製品および履物の輸出総額46%をEUが購入し、米国24%、カナダ9%、日本8%が続く」と同報告書。

カンボジアの代表者であるカンボジア国立銀行(NBC)と衣料製造業者協会に連絡を取ったがそれ以上の詳細については入手できなかった。

カンボジア労働連盟のAth Thorn氏には、アパレル製品の輸出の24%成長率は大幅な増加であると述べ、数字が現実を反映しているのではないかと付け加えた。

Thorn氏によると、20167月以来、旅行用品については、カンボジアは米国から免税措置を受けたために輸出は著しく加速しており、昨年のアパレル製品および履物の輸出の急増の大きな要因となった可能性がある。

しかし、彼は報告された高い成長率に懐疑的なままでいる。

「われわれが観察しているところでは、この部門の輸出量と労働需要は成長率ほどには増加していません」と彼は述べた。

「(部門内の)労働者数はそれほど急増せず、残業もあまり多くなく、閉鎖した工場もいくつかありました。そのため、部門の輸出はそれほど大きくないはずです。それが前年と同様のペースで成長したことはより理にかなっています」

昨年のアパレル輸出額は、カンボジアの総輸出額の74%を占めた。この部門は約80万人の労働者を雇用している。カンボジアのアパレル部門は、EUの「武器以外すべて(EBA)」優遇措置の恩恵を受けているが、これは今年撤廃される可能性がある。

EUは昨年10月、カンボジアが政府の民主主義に反する動きを罰するためにEBAの地位を失うであろうと警告した。

今月初め、2人の米国上院議員もカンボジアに対して2019年法を導入し、一般優遇関税制度適用を再検討することを政府に要求した。

カンボジア ジャンル:
最終更新:2019年02月08日

このページのトップへ戻る