インドシナニュース

ミャンマー:500人以上の労働者がアパレル縫製工場で争議

30以上の工場の労働組合から500の労働者が7の組合員の再雇用を要求し、Hlaing Tharyar郡区Dishang Kenny縫製工場で130争議を行った

「会社が解雇した組合員をすぐに再雇用してほしい。私達の組合いかなる労働者と雇用者間の争議も仲裁する準備ができています。」と、ミャンマーの産業労働者連盟の議長であるDaw Khaing Zar Aung氏は抗議している。彼女はまた、争議を主導したミャンマー労働組合連盟の幹部でもあ

解雇された労働者と労働組合員は、工場労働者は過剰な時間外労働を強いられているが、それに見合う残業代貰っていない、と述べ。彼らは、土曜日午前1時まで、またそれ以外の日は午後10時まで働くよう会社側は労働者に指示したと会社を非難している

また彼らは、社会保障費賃金から差し引かれているにもかかわらず工場労働者は社会保障カードを受け取ていない、と訴えている更には、労働者は休暇取得時に「警告」に署名を強いられかつ工場側は労働法に従っ出産休暇を与えず妊娠中の労働者を解雇していたと主張する

「私たちなぜ解雇されたのかわかりません。と他の6人の労働者は、去年11月に工場の経営陣から理由なく解雇されました」と解雇された労働者の一人であるMa Ei Shwe Zin氏は述べる

労働者は労働省から手交されるForm 7所有していないための労働関係は労働者と工場間の争議は個人間の争議であると見解を示している。労働関係争議が未解決となっている場合労働者と雇用者間の民事裁判となる旨を述べている

「私たちは今後も再雇用を求めます。工場側からの補償を受け入れるつもりはありません。」と労働者のKo Aye Min Htet氏は言う。彼は、労働権侵害の訴えを受けたため工場側が労働者解雇した、続ける

工場長のU Myo Myint Thanは、その7名の労働者は製造ラインを中断また遅延させたことで労働契約条件に違反したため解雇に至った、と語っている。彼はまた、労働組合介入のため工場監督労働者をマネジメントできず、会社側は工場監督と労働者間の争議を解決するためにあまりにも多くの時間を費やすことを強いられた、と付け加えた

工場の役員らは、労働法に違反して労働者を酷使したという労働者労働組合の非難に反論している。彼は、「社会保障省による手違い」のために労働者社会保障カードが手交されなかったが、労働者は工場長のサインレターにより社会保障給付られた、と述べた。また、一部の労働者からより多くの賃金得るという意向があったため工場側は残業を認めざるを得なかった、と述べ

工場は解雇された労働者に法律で要求されている以上の補償を申し出ている。工場人員削減に迫られた際、工場の労働組合組合員その補償の申し出を受け入れている、とThan主張している



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年02月02日

このページのトップへ戻る