インドシナニュース

ベトナム:繊維産業に大きな挑戦

繊維部門は環太平洋地域包括協力協定(CPTPP)のもとで商品原産地規制の影響を最も受けると予測されている、と米国-アセアンビジネス評議会のベトナム代表であるBùiKimThùy氏は述べた。

今週初めにベトナムで施行されたCPTPPは、ベトナムに大きなチャンスと挑戦をもたらすと見られている。しかしながら、繊維産業の素材は依然として頭痛の種となる可能性がある。

「誰もがCPTPPを使って、繊維産業が最大の恩恵を受けると述べましたが、適切な支援がなければ、機会が課題に変わる可能性があります」と、ベトナム繊維協会(Vitas)のTrươngVănCẩm副会長は述べた。

ベトナムの繊維産業は、2018年に361億米ドルの輸出売上高で世界第2位の地位を獲得した。しかし、ベトナムは生産のためにその材料の約80%を輸入しなければならなかった。輸入材料に対する大きな需要が業界にとって深刻な問題となっている、とCẩm氏は述べた。

現在、ベトナムは綿99%、繊維70%、織物80%までを海外から輸入している。副会長によると、最大の欠点は、日本やCPTPPに参加している国々から輸入されているのはわずか10%にすぎないこと。

最大のボトルネックは、ベトナムが輸出用の織物を生産できないことである。

ベトナム綿紡績協会のNguyễnSơn副会長は、繊維産業のサプライチェーンを構築するために、韓国と中国が効果的な工業団地モデルを開発したと述べた。

 

関連付けが必要

ベトナムは、中国とインドに続き、世界の繊維製品のトップ3の最大の輸出国である。ベトナムは豊富な労働力と人口ボーナス期を迎えている。これまでのところ、同分野は対外直接投資で175億米ドルを集めている。

Cẩm氏はCPTPPからの機会を利用すると言った。ベトナムの会社はCPTPPの分野、彼らの利点と市場についてのより深い理解を得るべきである。

ボトルネックを解決するために、有力企業は地方自治体と協力しなければならない。政府はこの協定を利用するために今後10年から15年の間に政策を策定する必要がある。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2019年01月22日

このページのトップへ戻る