インドシナニュース

ミャンマー:5年間でアパレル工場の数は10倍増加

投資企業管理局(DICA)のAung Naing Oo局長によると、欧州連合(EU)に製品を輸出しているアパレル生産工場の数はこの5年以内に180社増加した。

2013年には、EUに輸出するアパレル工場は22しかなかったが、現在、その数は202に増えている。これは主に、EUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置適用によるものである。

2013年にミャンマーへの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置適用が再開される時点で、24の工場があり、そのうち、1つの工場は非CMP業界で、もう1つの工場はCMP業界だった。23000人の雇用を生み出していた。

ミャンマーが2013年以降に一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置を取得した後、全工場の数は305社に増加し、うち、202のアパレル工場が海外向けCMP工場で、26の工場は非CMPおよび77工場は非CMPのアパレルである。これらの工場は30万人以上の雇用創出能力を持っている。ミャンマーでは、1000人中0.6人がEUの一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置の恩恵にあずかっているとされている。

CMPアパレル生産工場の約60%は中国からの投資であり、1030日にミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)で開催されたEU EAB監視任務によれば、主にEU諸国に輸出している。一般特恵関税制度(GSP)の優遇措置や「武器以外すべて(EAB)」の権利により、一部の外国人投資家はミャンマーに工場を設立することに興味を持ち始めている。

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)のKhine Khine Nwe事務局長は、「対外投資の65%のうち、60%は中国からのもので、主にEU向けに製品を輸出している」と述べた。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2019年01月21日

このページのトップへ戻る