インドシナニュース

ベトナム:ビンズン省、旧正月シーズンの労働力不足に見舞われる

南部ビンズン省の企業各社は旧正月シーズンの労働力不足に見舞われそうだと同省労働サービスセンターは発表した。

 

テト(旧正月)の休暇前の数カ月間に生産量が増加するため、企業はより多くの従業員を必要としている。同センターは、これからテトまでに、最新機器を使用できる21,100人の未熟練労働者と6,300人の熟練労働者が必要となると予測している。

さらに、地元の工業団地では、特に履物、衣類、木製家具、整備工、食品製造、飲料などの分野で、より多くの従業員を必要としている。

このセンターは、ソーシャルメディアでの求人情報の宣伝、コンサルタント数の増強、他の労働供給企業やセンターとの連携により、多くの企業が労働者を募集するのをサポートしている。

過去2年間で、多くの人々が他の都市、特にホーチミン市や海外で仕事をするようになった。

同センターのNguyen Thanh Phuong副局長は、年末のボーナスを現在の仕事で受け取りたいという理由で、年末に仕事を探している労働者の数が減るだろうと述べた。

同時期には、大学や専門学校からの多数の学生や家計の収入を補うためにパートタイムの仕事を求めている年配の女性労働者が仕事に応募する、と彼は述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月28日

このページのトップへ戻る