インドシナニュース

ベトナム:Eコマース市場、急速成長中

GoogleTemasekによると、過去4年間で東南アジアの電子商取引市場は目まぐるしく動いており、ベトナムの電子商取引成長率はインドネシアに続き2位となっている。

GoogleTemasekの報告によると、オンライン経済における電子商取引の割合は、今年、同地域で最大32%に達している。

特にベトナム市場では、この業界規模は約28億米ドル相当で、年間成長率は87%である。

長年にわたるベトナムの電子商取引は一貫して大規模な資金調達および消費者を引き付けるためのプロモーションプログラムが行われるLazadaShopeeTikiAdayroiSendoの間で競争が起こっている。

GoogleVietnam Channel Salesの責任者のPearl Nguyen氏は、(ベトナムの)電子商取引市場は、同地域内でスマートフォンユーザーの割合が最も高く、オンラインセラーの数も多かったため、急成長している、と述べた。

Googleの統計によると、年間約320万人のベトナム人ユーザーがオンラインで買い物をしているという。

商工省(MoIT)の電子商取引および情報技術庁による統計によると、今年のSNSを介した購入の内の70%がFacebookを使用しており、2017年からわずかに増加している。

Zaloを使用した買い物は5%だったのに対し、Facebookにはより多い買い物客(オンラインショッピング客のうちの77%)が訪れていた。

ベトナムの人口の53%がインターネットを使用し、約5400万人がスマートフォンを使用していることを考えると、ベトナムの電子商取引市場は、近い将来急成長すると予測されている。

専門家によると、電子商取引による取引額は2015年に407千万米ドルに達し、2016年に51億米ドル、2017年には62億米ドルに達した。

この数字は2020年までに100億米ドルに急上昇すると予測されており、ベトナムのデジタル経済を発展させる大きなチャンスである。

米国のタフツ大学のグローバルリーダーシップ研究所の最近の調査によると、ベトナムはデジタル経済への急速移行という点において世界60カ国のうち48位、デジタル化においては22位にランクされている。

国連電子政府調査2018はまた、2014年以降、ベトナムが電子政府開発指数の193か国と地域の中で11位アップし、88位に急上昇させたことを指摘した。また、アセアンではシンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、ブルネイに次いで6位である。

商工省の電子商取引デジタル経済局部長であるDang Hoang Hai氏は、(ベトナムの)電子決済、流通、人的資源、情報技術、セキュリティと安全性を含むデジタル経済のインフラは依然として限られていると認めた。

Eコマース企業を含むほとんどのベトナム企業は、現代のテクノロジーの急激な変化に注意を払っていません」と同氏は述べた。

4次産業革命の中で、専門家は技術や人的資源へのさらなる投資を求めている。仮想技術以外に、人工技術とブロックチェーンは多くの分野で適用可能な画期的な技術動向である。

アナリストらは、ベトナムの人口の約30%が2020年までにオンラインで買い物をし、1人あたり年間平均350米ドルを費やすだろうと予測している。

特に、ソーシャルEコマースは来年、特に中小企業の間で成長すると見込まれている。

Cao Quoc Hung商務副大臣は、全国的な電子商取引支払いシステムの改良とは別に、スマートサプライチェーンを効果的に使用し、知的財産を管理するために、好ましいメカニズムを発行し、ビジネスモデルを最適化する必要があると述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月28日

このページのトップへ戻る